サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【若手女優】が育たない芸能界の病巣
ニュース
実力はあっても……もはや若手女優に話題性はないのか?

広瀬すずでもコケる!――若手女優が育たない芸能界の病巣とは?

+お気に入りに追加

話題性に欠ける若手女優の憂鬱

芸能界では若手女優なる肩書があり、彼女たちの一挙一動は多くのメディアで取り上げられてきた。だが、ここに来て、若手女優らの活躍が芳しくないという。決して実力がないわけでもなく、なぜか話題性が低いことに、芸能界のみならず、映画関係者やドラマ関係者のお歴々も頭を悩ませているというが……。


1807_HP_300.jpg
若手女優ナンバーワンとされる波瑠。

 現在、芸能界では“若手女優”の世代交代が問題視されているという。

「最近、芸能マスコミが取り上げる記事は、不倫絡みのネタをはじめ、熟女タレントや30代中堅女優の話題ばかりで、20代を中心とした若手女優の記事が減ってきた。確かに熱愛はそこそこ出るが、反響があるのは、彼女らが出演するドラマの低視聴率ぶりをくさす記事くらい。芸能プロからしてみれば、売り出し中の商品をスキャンダルで潰されないという点ではありがたい反面、そもそも今の若い女優たちには、商品価値や話題性すらないのかと思えてしまう」

 スポーツ紙芸能デスクがこう語るように、かつての芸能面では多くのスペースが割かれていた若手女優関連の記事がめっきりと減っている印象だ。

「桐谷美玲と三浦翔平の熱愛&結婚報道があったけど、芸能界が思うほどには盛り上がらなかった。桐谷といえば、フジ月9をはじめ、数多くのドラマや映画、CMなどに出演し、報道番組でキャスターも務めるなど、当代きっての人気若手女優だったはず。一昔前ならば大きな話題になったのでしょうが……。こうした状況は、剛力彩芽のゾゾタウン前澤友作社長との熱愛、前田敦子の勝地涼との交際スクープも同様で、話題性がないゆえ、後追い報道も少なくなっている」(同)

 さりとて、ほんの5年前までは、若手女優絡みのネタもそれなりに需要はあったとか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』