サイゾーpremium  > インタビュー  > 【般若】──俳優業もこなす孤高のMC、武道館に立つ
インタビュー
愛溢れるMC、武道館公演への思いを語る

【般若】俳優業も軌道に乗せる孤高のMCは、念願の武道館公演に向けて、何を思う――

+お気に入りに追加

――ソロMCとして確固たる地位を築き、『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)のラスボスとして、瞬く間に広く知れ渡る存在となった般若。稀代の実直な男による熱き思いに耳を傾ける。

1806_N1_3544_CMYK_520.jpg
(写真/西田周平)

 通算10枚目となるアルバム『話半分』を4月1日にリリースした般若。さらに、彼のひとつの夢でもあった初の武道館公演を、エイプリルフールである同日に発表するというのも般若らしい。しかし、彼いわく『話半分』の残り半分は、“嘘”ではなく“行動”であるという。

「まがりなりにもアルバムを10枚出してきているし、来年には武道館でのワンマンも控えている。だから、あとの半分は自分の行動でしかない」

 立場上、どうしても日本のヒップホップシーンを代表する存在として語られることの多い般若であるが、『話半分』はそのヒップホップへのこだわりを捨てることで生まれたものでもあるようだ。

「もちろんヒップホップは好きだけど、俺がヒップホップかそうじゃないかっていうのは、受け手が判断することであって、正直俺はどうでもいい。今回は、自分が作りたい音楽を忠実に形にしたという感じです」

 これまでで一番「般若」という人間性が出ていると話す今作は、現時点での彼の最高傑作であることは間違いないだろう。先行シングル「生きる」を筆頭に、アルバムではさまざまな形で“生”が描かれている。

「究極をいうと、死生観しか出していない。昔から、生きることと死ぬことばかり考えちゃうんですよ。遅かれ早かれ、人は人の死に必ず触れる。俺も40年近く生きてるんで、そういうのはたくさん経験してきてますから」

 生と死、そしてもうひとつ大きなテーマが“愛”だ。自らの子どもに向けた「家訓」など、家族や仲間を想う大きな愛が溢れている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』