>   >   > 大石始のマツリ・フューチャリズム【24】/異様な空気が高揚を促す【奇祭】
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【24】

日本とアジア各地の大衆文化の融合――異様な空気が高揚を促す奇祭

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

1806_MF_06_PH_230.jpg
内気な人間でも参加してしまったら、そのカオスな空気で高揚すること必至な「橋の下世界音楽祭」。自然の力と人間の欲望が交錯する空間だ。(写真/ケイコ・K・オオイシ)

「日本のバーニングマン」などとも呼ばれる奇祭が2012年から開催されていることをご存じだろうか。舞台は愛知県豊田市。橋の下に広がる広大なスペースを使った奇祭は、その名も「橋の下世界音楽祭」という。

 初めて会場に足を踏み入れた来場者は、まずその空間に息を呑む。そこには江戸時代からタイムスリップしてきたような横丁が広がり、会場の一角ではイノシシの丸焼きをしていたり、鍛冶屋が鉄を打っている。中央には巨大な櫓。竹や廃材を使用したステージにも日本風の意匠が施されており、こちらもまるで時代劇から抜け出してきたような迫力だ。出演するのは、橋の下世界音楽祭を主催する地元出身の和太鼓パンク・バンド〈TURTLE ISLAND〉を筆頭に、全身タトゥーのハードコア・バンド、モンゴルやインドネシアなどアジア各地から招聘されたバンド、阿波おどり団体や落語家、ラッパー、チンドン屋、ノイズ音楽家などなど。ライブ中に巨大な山車や葦船がフロアに突入してきたり、モヒカン頭のパンクスの横をちょんまげ姿の男が当たり前のように歩いていたりと、まさにカオスだ。

 そんな巨大な祭りがなんと入場無料であり、来場者の投げ銭や地元の仲間たちからの協賛金、ブース出店料などで毎年開催されているというから驚きだ。運営を担っているのは、TURTLE ISLANDを中心とした地元の人々と全国の有志たち。多くの野外フェスで見られる大手企業のブースなどは一切ない。筆者は縁があって1回目から参加させてもらっているが、年々来場者は増加。橋の下世界音楽祭に刺激を受ける形で新たな祭りが各地で立ち上がっており、その噂はアジア各地にも広がりつつあるようだ。

 この祭りの背景にあるのは、東日本大震災以降の日本文化再発見の気運だ。TURTLE ISLANDはもともとハードコア・パンクと日本の祝祭的要素を融合させ、イギリスの老舗野外フェス「グラストンベリー・フェスティバル」のメインステージに立つなど、海外でも高い評価を得てきた。近年メンバー自身が日本の民謡や古典芸能への関心を強める中で「自分たちの祭り」を始める必要性を感じ、橋の下世界音楽祭をスタートさせたという。そこには盆踊りや祭りへの憧憬があり、混乱した日本社会からの逃げ場ともなるアジール(自由領域、無縁所)を作り出そうという意識もあったのだろう。それはいわばパンク的なアナーキズムの発展型でもあって、その意味でも確かに橋の下世界音楽祭のスタンスはアメリカのバーニングマンとも共通している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』