>   >   > インスタ炎上姫【水原希子】の研究

――フォロワー数498万人を抱えるインスタで突如、写真家・荒木経惟に噛みついた女優の水原希子。なぜ彼女はこれほどまでに炎上するのか? そしてなぜ炎上してなおファッション誌・広告に引っ張りだこなのか? 本誌連載陣にして「乙女心」を探求し続けるライター稲田豊史が、フォトジェニックすぎる彼女の魅力を徹底考察する。

1806_kiko_s_520.jpg
(イラスト/サイトウユウスケ)

Kiko's Profile

[Kiko's Spec]
ミズハラキコ 1990年生まれ(27歳)本名オードリー・希子・ダニエル。父はアメリカ人、母は韓国人。テキサス州ダラス生まれの神戸育ち。日本語、英語、韓国語の3カ国語を話すトリリンガル。

[Kiko's Career]
中学生時代に「Seventeen」からモデル活動をスタート。「ViVi」や「MAQUIA」の専属モデルを経て、現在では国内のみならず、ニューヨーク、ミラノ、パリのファッションウィークでもモデルとして招待されるほか、ここ数年は資生堂、パナソニック、三井住友カード、サントリーといった大手企業のCMにも続々起用されている。この3月には、パルファン・クリスチャン・ディオールのアジアアンバサダーにも就任した。

[Kiko's Connection]
インタビューでは「マック・デマルコの自宅に行った」「ジ・インターネットのアルバム収録に遊びに行った」等、界隈に通じた人間なら「マジかよ」と声を上げざるを得ないセレブエピソードもさらっと口にする。

[Kiko's Curiosity]
カルチャー面の素養も隙がない。この若さにして山下達郎へのリスペクトを公言し、好きなアーティストに細野晴臣や矢野顕子の名前も挙がる。20代前半の頃にはオードリー・ヘプバーンがイットアイコンで、映画監督ではパク・チャヌクやウォン・カーウァイと仕事がしたいとも発言。


 「荒木さん、あなたにとって女性とは一体何なんですか?」

 この4月、モノ申すモデル・女優の水原希子が、写真界の神・アラーキー(荒木経惟)に噛みついた。彼から不当な扱いを受けたモデルKaoRiの叫びを受け、インスタグラムのストーリー機能で、自らの#MeToo体験(下段の別表【8】)と共にぶちまけたのである。

 神をも恐れぬ発言が可能なのも、上記の希子スペックを見れば一目瞭然。希子がモデルとしてトップ・オブ・トップの地位にいるからだ。インスタ時代の申し子にして2010年代最高の被写体・水原希子。彼女なくして、現在の日本で「写真」を語ることはできない。

 その実力は現場でも折り紙つき。同い年で希子とも親交があるモデル・ローラとの比較について、表紙に起用したことのあるファッション誌の編集者はこう語る。「ポージングや表情を作る技術は、希子のほうがずば抜けてうまい。ハイブランドを着こなす能力もある」。さらに広告の現場でも「現場のクリエイター(プランナー、ディレクター)受けが抜群にいい。とにかくフォトジェニック。被写体としてのかっこよさが圧倒的」(広告代理店社員)。

 インスタグラム(@i_am_kiko)のフォロワー数は498万人で国内第2位と、そのファッショニスタとしての影響力は絶大。インスタ写真から垣間見えるグローバルなコネクションは、パリピワナビーから常に憧れの的だ。

 言うまでもなく希子フォロワーの大半は女性だが、それは希子のファッションセンスのみならず、男性に媚びない「自分を貫く」スタイルにも惹かれてのこと。希子は2017年に映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』にヒロイン・天海あかり役で出演しているが、希子の信条とは真逆の役柄。インタビューでは「そういうこと(モテ)とは全然違う方向で生きてきた自分があかりを演じるのはすごく面白くて、全国のモテ好きの男性たちにはザマアミロっていうのも込めて演じたかった(笑)」(「Sweet特別編集 天海あかりstyle book」宝島社)と発言し、男性に決して媚びない希子イズムを改めて世に叩きつけた。

 希子のフェミ成分も、女子受けする理由のひとつ。「FRaU」(講談社)16年10月号では山口智子と「異分子の美学」と題して対談し、親子ほども年の違う山口から「希子さん」と敬意を表され、従来の枠にとらわれない女性の生き方について大いに意気投合。山口といえばその後同誌の17年3月号で「子供を産まない幸せ」を主張して物議を醸した、フェミ界隈・ジェンダー界隈での有望株であり、2人の精神的な結束が希子のフェミ素質を示唆しているようで興味深い。

“生きる力が弱い”男にとことん嫌われる希子

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』