サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【TOKIO山口】淫行で荒れるジャニーズ
ニュース
TOKIO山口事件から見る、ジャニーズの現状

TOKIO山口淫行――荒れるジャニーズが2.5次元舞台で復活?

+お気に入りに追加

相次ぐ不祥事でジャニーズがピンチ

元SMAPの3人や元KAT-TUNの面々、そして人気絶頂にある関ジャニ∞の渋谷すばるなど、タレントの退所が止まらないジャニーズ事務所。そこにきて、元TOKIOメンバー・山口達也の未成年強制わいせつ問題と、相次ぐ不祥事にファンからも事務所の運営体制を問題視されており、ついに凋落かという噂もたっている。


1806_IMG_4571_300.jpg
残されたTOKIOのメンバーは、涙の会見で逆に男を上げたとも言われる。

 今となっては“元”と付けなければならなくなってしまった――元TOKIO・山口達也が、女子高校生に対する強制わいせつ容疑で書類送検された事件。被害者とは示談の末に不起訴となったものの、芸能界や世間は黙っていなかった。無期限謹慎処分から一転、山口本人やメンバーによる涙の謝罪会見がありながらも5月6日、ジャニーズ事務所と所属契約を解除することが発表された。

 問題発覚当初から、ジャニーズの対応の不手際【1】が槍玉に挙げられてきたが、突然の契約解除に至ったこともまた批判の的になっている。

「もともと、山口の酒癖や女癖の悪さは記者の間では有名でしたが、事務所の力が強くてなかなか表沙汰にならなかった。契約解除となった途端、各誌、堰を切ったように過去のご乱交の数々を暴露していますよね。『Rの法則』(NHK)に関しても、山口がAKB48グループの誰かと関係があるという噂はあったのですが、まさか別の未成年出演者だったとは……」(芸能系記者)

 TOKIOは、ジャニーズの“次期社長”藤島ジュリー景子氏が初めて担当したグループで、今後のジャニーズを牽引していくはずだった。今回は、さすがのジュリー氏も相当憔悴しているそうだが、それでも早急に大なたを振るわなければならない理由があった。

「本件の現場には実は4人いて、男女2人ずつのうち、山口以外のもうひとりの男性がジャニーズ事務所に所属する人間だったという報道もありました。続報が出ないので“誤報”とされていますが、テレビ業界では根強い噂となっています。もし本当ならジャニーズにはさらなるダメージとなる。そうした状況も踏まえて、強引に幕引きを図ろうとしたようです」(テレビ局制作関係者)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』