サイゾーpremium  > 連載  > 精神異学~忘れられた治療法~【11】/ナチスの【優生学】が投げかけるもの
連載
精神異学~忘れられた治療法~【11】

【精神科医・岩波明】もうひとつの“アウシュヴィッツ”ナチスの優生学が投げかけるもの

+お気に入りに追加

[語句解説]「T4作戦」

1805_P122-123_002_200.jpg

アドルフ・ヒトラーが率いるナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)が、1933年の政権獲得後に実施した、精神障害者・知的障害者らに対する“安楽死”政策のこと。当時制定された「遺伝性疾患子孫防止法」を根拠に当初は「断種政策」として開始されたが、1939年以降は、ガス室における一酸化炭素ガスを用いた大量殺害へと変質していった。右写真は、本文中にも登場するアルフレート・ホッへ。


 政権党となったナチス・ドイツが、ホロコーストによってユダヤ人の殲滅を図ろうとしたことは広く知られています。有名なポーランド・クラクフ郊外のアウシュヴィッツをはじめ、現在でもドイツとその周辺では、強制収容所の残骸が歴史における負の遺産として公開されています。しかしナチスが、ホロコーストを開始するより以前から、精神障害者や知的障害者の抹殺を開始していたことは、それほど知られてはいないでしょう。いわゆる「T4作戦」。T4とは、この作戦本部のあったビルの住所、ティアガルテン4番地を意味しています。

 ナチスは政権を奪取した1933年に、「遺伝性疾患子孫防止法(遺伝病子孫予防法)」を制定しました。これによって精神疾患など「遺伝的な疾病を持つ」と見なされた障害者を対象とし、強制的な不妊処置を開始します。もっとも同様の“断種法"は米国、カナダなどですでに成立しており、当時においては、ナチスによるオリジナルな悪魔的アイデア、というわけではありませんが。

 しかしこの法律に基づいて断種が行われた者の人数は、40万にも及ぶといわれています。さらにこの法律は、当時同盟関係にあった日本にも影響を及ぼし、1940年に「国民優生法」が制定。同法はのちの優生保護法につながるもので、この法律によって日本政府は、「悪質な遺伝性疾患の素質を持つ者」に対して不妊手術をうながすことができるようになります。ここで「悪質な遺伝性疾患」とされたのは、普通の社会生活が困難な重い病気や障害で、当時「遺伝性」と考えられたものです。国家が障害者の人権を蹂躙したとされるこの問題は昨今、被害者らが声を上げ訴訟を起こすにいたり、メディアで大きな問題となっているのはご存じかと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』