>   > 精神異学~忘れられた治療法~【11】/ナチスの【優生学】が投げかけるもの
連載
精神異学~忘れられた治療法~【11】

【精神科医・岩波明】もうひとつの“アウシュヴィッツ”ナチスの優生学が投げかけるもの

+お気に入りに追加

[語句解説]「T4作戦」

1805_P122-123_002_200.jpg

アドルフ・ヒトラーが率いるナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)が、1933年の政権獲得後に実施した、精神障害者・知的障害者らに対する“安楽死”政策のこと。当時制定された「遺伝性疾患子孫防止法」を根拠に当初は「断種政策」として開始されたが、1939年以降は、ガス室における一酸化炭素ガスを用いた大量殺害へと変質していった。右写真は、本文中にも登場するアルフレート・ホッへ。


 政権党となったナチス・ドイツが、ホロコーストによってユダヤ人の殲滅を図ろうとしたことは広く知られています。有名なポーランド・クラクフ郊外のアウシュヴィッツをはじめ、現在でもドイツとその周辺では、強制収容所の残骸が歴史における負の遺産として公開されています。しかしナチスが、ホロコーストを開始するより以前から、精神障害者や知的障害者の抹殺を開始していたことは、それほど知られてはいないでしょう。いわゆる「T4作戦」。T4とは、この作戦本部のあったビルの住所、ティアガルテン4番地を意味しています。

 ナチスは政権を奪取した1933年に、「遺伝性疾患子孫防止法(遺伝病子孫予防法)」を制定しました。これによって精神疾患など「遺伝的な疾病を持つ」と見なされた障害者を対象とし、強制的な不妊処置を開始します。もっとも同様の“断種法"は米国、カナダなどですでに成立しており、当時においては、ナチスによるオリジナルな悪魔的アイデア、というわけではありませんが。

 しかしこの法律に基づいて断種が行われた者の人数は、40万にも及ぶといわれています。さらにこの法律は、当時同盟関係にあった日本にも影響を及ぼし、1940年に「国民優生法」が制定。同法はのちの優生保護法につながるもので、この法律によって日本政府は、「悪質な遺伝性疾患の素質を持つ者」に対して不妊手術をうながすことができるようになります。ここで「悪質な遺伝性疾患」とされたのは、普通の社会生活が困難な重い病気や障害で、当時「遺伝性」と考えられたものです。国家が障害者の人権を蹂躙したとされるこの問題は昨今、被害者らが声を上げ訴訟を起こすにいたり、メディアで大きな問題となっているのはご存じかと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』