サイゾーpremium  > インタビュー  > 【DJ CHARI&DJ TATSUKI】──最先端ヒップホップの形
インタビュー
ストイック&フレッシュに邁進する2人が登場!

【DJ CHARI & DJ TATSUKI】新世代ならではの感覚を遺憾なく発揮するプロデューサー・ユニットが、名刺代わりのアルバムを発表

+お気に入りに追加

――昨年のクラブを席巻し、今なお猛威を振るうシングル「ビッチと会う」。同曲を手がけ、今もっとも注目すべきDJ/プロデューサー・ユニットとして耳目を集める2人のセンスを探る!

1805_ARI0017_520.jpg
(写真/有高唯之)

 昨今、SNSやネット上で「何が流行っているか?」は、1秒単位で切り替わる。ことヒップホップ・シーンにその目を向けると、ほぼ毎日、洪水のようにネット上で新曲が発表され、新しいラッパーたちがデビューを飾っていく。そうした動きに対して常に目を光らせ、審美眼を用いながら各々の持ち場(=クラブ)において流行を紹介していくのもまた、DJ CHARIやDJ TATSUKIといった若いDJたちの使命だ。常に〈最先端〉にこだわる彼らは、今年DJをスタートさせて12年目を迎える。CHARIは静岡県浜松市出身。

DJ CHARI(以下、CHARI)「小学校までは、ずっとゲームをやってる子どもだったけど、テレビにKICK THE CAN CREWが出ていて、そこでヒップホップと出会って。高校生になるとDJ機材を買い、地元のDJバーみたいなところでDJを始めました」

 一方のDJ TATSUKIは、東京生まれ杉並区育ち。

DJ TATSUKI(以下、TATSUKI)「もともと4歳からバイオリンを習っていて、正直めちゃくちゃ上手いです(笑)。高校生の頃、ヒューマンビートボックスとDJ、そして僕のバイオリンでセッションしたことがあったんですけど、そこでDJに興味を持って」

 そんな2人は、都内のDJスクールの体験入学で出会い、意気投合。CHARIは地元静岡から上京して数日後、TATSUKIと共に、渋谷で開催されていた人気ヒップホップ・パーティ『BLUE MAGIC』などのレギュラーを獲得。彼らのDJスタイルにおいて秀でている点は、シーンで流行している新譜をストイックに追うことであり、フレッシュなサウンドやラッパーを見極めるセンスは随一だ。今回のアルバムのリード曲「ビッチと会う feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY」でも、それぞれが17年にブレイクし、渋谷のクラブを中心に活躍する日本の若手実力派ラッパーたちを、いち早く集結させた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』