>   >   > イノベーションは"エロ"をどう変えたか?【1】/ネット配信が【AV】に与えた影響

――映像の分野ではNetflixやHulu、音楽の分野ではスポティファイやApple Musicなど、定額のストリーミング配信サービスが席巻する昨今。日本が誇るアダルトビデオの業界でも、ネットでの作品配信に加え、定額の見放題サービスが広まりつつある。そのような作品の流通形態の変化は、業界にどう影響を及ぼしたのだろうか?

1805_dmm_r18_300.jpg
業界最大手のDMM.comのR18ページ。

 パソコンでもスマホでも気軽にエロ動画が見られるようになった昨今。もちろん、無料で見られるものの中には違法にアップロードされたものも多いが、メーカー側も正規ルートの配信での収益化には力を入れている。

 以前はAVといえば、ビデオやDVDの「レンタル」もしくは「セル」での利用者が中心だったが、ネット配信で作品を視聴する人はやはり増えているのだろうか?

「年々増え続けていますね。我々の会社の場合は、セル4、レンタル3、配信3程度の比率でしょうか。配信の利用者が増え始めたのは、iPhoneなどのスマートフォンが普及し、スマホ専用のサイトを立ち上げた頃からだと思います」

 そう話すのはAVメーカーの配信作品担当者。ライターでアダルトメディア研究家の安田理央氏は「DMM.comの開設は2003年と、AVの配信が始まったのは結構前のことなのですが、売り上げが伸びるのには時間がかかっている印象があります」と話す。

「海外の音楽などのジャンルでは、配信の売り上げがソフトの売上をすでに上回っていますが、AVはまだまだですよね。それは購買層が40~50代が中心と、比較的高齢なことに関係していると思います。なおフェチ系などのマニアックな作品を手がけるメーカーでは、海外のニーズも大きいため、セルより配信の売り上げが大きくなっている。ただ、もとから愛好者の人数も少ないため、売り上げの金額自体はさほど大きくありません」(安田氏)

 では、配信で作品を購入するユーザーの年齢層はどのあたりなのだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』