サイゾーpremium  > インタビュー  > 【桜井莉菜】35歳現役ギャルモデルの提言
インタビュー
既成概念にとらわれない、骨太豪快ギャル登場!

【桜井莉菜】「森林だって手入れしないと枯れる! 人間も一緒!」35歳、現役ギャルモデルの提言

+お気に入りに追加

――「さくりな」の愛称でギャルモデルとして絶大な支持を集めるキュートな彼女、実はこう見えて、4月で35歳になるという。固定観念にとらわれない、ギャル道の神髄を聞いた。

1805_323_003_CMYK_hosei_520.jpg
(写真/岩澤高雄)

「ギャル」と聞いて、読者諸氏はどんな女性を想像するだろうか? 渋谷の街を闊歩する10代の派手で若い女の子……なんてステレオタイプな像を思い浮かべたあなたには、以降のインタビューを読み進めてほしい。

「4月で35歳になります。めでたいのかなんなのか(笑)。でも私、自分をギャルだと思ったことがなくて、あゆを目指してたらこういう姿になっていて……」

 ゼロ年代後半のギャルブームを牽引した雑誌「小悪魔ageha」(トランスメディア)、その看板モデルを10年以上務め、「かわいい」も「カッコイイ」もどちらも表現できるモデルとして幾度も表紙を飾りながら、現在も「姉ageha」(主婦の友社)と両誌で現役バリバリのギャルモデルとして君臨する桜井莉菜。今年35歳を迎えた桜井は今もなお派手な髪、長い爪、つけまつげやメイクで武装し続ける。浜崎あゆみが全盛期を迎えていた、00年代初頭の当時「ギャルモデル」と呼ばれたモデルたちは、今では母親になったり、はたまたタレントや経営者として活躍したりと、「元ギャル」になった者も少なくない。そんな中、同じ雑誌の看板を10年以上背負っているモデルという存在自体、業界的にも異例のこと。

「たまに『いい加減、落ち着かないんですか?』という意見をもらうんですけど、別に不自然だとは自分で思ってないから。もともとコンプレックスが多いタイプなので、『ギャルになりたい』というよりは、『目が小さいからつけま付けよう』とか『鼻が低いからメイクを濃くしよう』とやっていった結果が、こうだったんです。それに『濃いメイクよりは自然体がいい』って言うけれど、森林だって人間が手を入れなければ荒れるじゃないですか。『自然体がいい』って言ってる人は、絶対ダメ! 枯れるよ!」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学
    • 【美人コンテンツ】炎上考現学
    • 複雑化する【ミスコン】批判の論点
    • 【ミス・ユニバース】の問題点
    • 【世界で最も美しい顔】の胡散臭さ
    • 【柳美稀】が魅せた美グラビア
    • 進化する【美ジネス】の最前線
    • 【整形大国・韓国】の顔採用事情
    • 【ブス作品】とルッキズムの関係
    • 傑作【ブス主人公】作品レビュー
    • 【スダンナユズユリー】がネオ・レディースに!
    • 【ディスニー・プリンセス】変遷の記録
    • 【キリスト教】の女性受容史
    • 【日本酒と美人】の意外な歴史
    • 知っておくべき【5大美人酒】
    • 【地域別美人言説】の謎を追う!
    • 【ジブリヒロイン】芸能界ドラフト会議

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

NEWS SOURCE

    • 自民党と【創価学会】の不協和音
    • 【沢田研二】だけじゃない空席問題
    • 脆弱な日本の【サイバーセキュリティ】

インタビュー

    • 【是永瞳】大分から来た高身長ガール
    • 【六道寺】特攻服のママさんシンガー
    • 【ちぃたん☆】絶賛炎上中のゆるキャラ

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』