サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 通信環境激変で配信戦国時代到来?【1】/【Amazon】がテレビ局になる日

――ここ数年、テレビ局が自社コンテンツをウェブで配信するプラットフォームを作る動きが目立っている。一方、政府の規制改革推進会議では、ネット事業者の放送事業参入へ規制緩和を検討しているという。今後さらに、動画配信ビジネスが活発化していくことが予想される中で、テレビ業界はサバイブしていけるのだろうか?

1805_amazon_p1_300.jpg
今年度に入って、数々の長寿番組に、打ち切りを断行したフジテレビ。番組終了になって今さら惜しむ声が聞こえてくるのも悲しい。

 国民的アニメ「サザエさん」の新スポンサー陣の企業名が正式にテレビ画面を飾ったのは、エイプリルフールで巷が賑わう4月1日のことだった。これまで長らくメインスポンサーを務めてきた大手電機メーカー・東芝の名はそこにはなく、日産、日清食品、花王、アース製薬、宝くじ、西松屋、大和ハウスなど、大手ドメスティック企業が名を連ねた。そして、かねてから新スポンサーになると発表されていた、あの外資系企業の名もそこにあった。そう、EC世界最大手・アマゾンだ。

「買いものしようと街まで、でかけなくなったサザエさん」と、ネット上では有名テーマ曲の行方に物議が巻き起こっていたことはさておき、なぜアマゾンはサザエさんのスポンサーになったのか。それについては、アマゾンの一押し商品である家庭用AIスピーカー「アマゾンエコー」や、会員サービス「アマゾン・プライム」の販売を強化するためとの分析が主流となっている。例えば、百年コンサルティングの鈴木貴博氏は、ダイアモンドオンラインへの寄稿記事の中で次のように書いている。

〈このタイミングで『サザエさん』のスポンサーになったアマゾンの戦略意図は絞られてくる。(中略)アマゾンが大衆に向けて売りたい商品が2つある。1つは人工知能アレクサを搭載したスマートスピーカー「アマゾンエコー」(Amazon Echo)だ。(中略)もう1つ、アマゾンが今販売を伸ばしたいのが「アマゾンプライム」(Amazon Prime)…〉(原文ママ)

 確かに、アマゾンエコーなど家庭用AIスピーカーは、これから世界中で需要が伸びていくとされている話題のAIoT端末だ。先行者であるアマゾンとしては、しっかりと市場をつかみたいはず。世界のAIアシスタント市場で、アマゾンエコーが占めるシェアは5割強(17年)とされているが、グーグルやLINE(NAVER)などのIT各大手らが競合商品のセールスを強化しており、年配の視聴者も多い国民的アニメのCM枠で宣伝して、差別化をはかろうと考えたとしてもなんら不思議ではない。日本での会員数が約600万人とされているアマゾン・プライムにしても、事情は同じだ。ECサービスやコンテンツプラットフォームとして勝ち抜くためには、仁義なきユーザーの囲い込み作戦が必須となる。そのため、影響力や好感度が高いテレビ番組の広告枠を買うという選択は、企業の行動として当然の選択かもしれない。が、果たしてそれだけが理由なのだろうか……?

通信無制限でサーバーがダウン

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊
    • どうなる【出版業界】の諸問題
    • 【クラウドファンディング】ヤバい本
    • 【ネットの自由】を啓発する思想本
    • 【A-THUG×BES】の獄中読書
    • 識者が推す【ラップ】現代史選書
    • 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽
    • 【椿原愛】Fカップ読書グラビア
    • ベストセラーを生む【書籍広告】
    • 【アジア移民文学】に見る差別の現実
    • 【世界の移民】たちが叫ぶ幸福論
    • 増加する【脱北者】文学
    • 【朝の読書】のイビツな思惑
    • ポリコレNGな【童話】の世界
    • 米国で【禁書】扱いされる童話
    • 【人間革命】本としての評価

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

NEWS SOURCE

    • 【ピエール瀧】に非情な処分を下したソニー
    • 増税前に選挙を!【安倍政権】の思惑
    • 映画【新聞記者】が与えた永田町への衝撃

インタビュー

    • 【芽島みずき】ポカリガールは14歳の美少女
    • 【日比遊一】樹木希林も認めた映画監督の実力
    • 【ROLAND】「俺か、俺以外か。」名言ホストの野望

連載

    • カバーガール/平嶋夏海
    • 【高崎かなみ】期待の新人モデル水着撮
    • 【川栄】ベイビー
    • 【Wi-Fi】の電波が人を安心させるサービスに
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(後)
    • 高須基仁/後藤新平と大谷翔平の2大「平」が時代を切り開く
    • 罵声飛び交う【三社祭】の醍醐味
    • 過酷な中国受験戦争【教育アプリ】の進化
    • 【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
    • 町山智浩/【ロング・ショット】ロマコメの最新系主人公
    • 【官邸】への権限集中が招く弊害と行く末
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/トランプと接待バカ一代
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『家族はつらいよ』後期高齢者向けポルノの戯論
    • 【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊藤文學/三島由紀夫に美輪明宏、薔薇族を彩った著名人
    • 幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」