>   >   > 通信環境激変で配信戦国時代到来?【1】/【Amazon】がテレビ局になる日

――ここ数年、テレビ局が自社コンテンツをウェブで配信するプラットフォームを作る動きが目立っている。一方、政府の規制改革推進会議では、ネット事業者の放送事業参入へ規制緩和を検討しているという。今後さらに、動画配信ビジネスが活発化していくことが予想される中で、テレビ業界はサバイブしていけるのだろうか?

1805_amazon_p1_300.jpg
今年度に入って、数々の長寿番組に、打ち切りを断行したフジテレビ。番組終了になって今さら惜しむ声が聞こえてくるのも悲しい。

 国民的アニメ「サザエさん」の新スポンサー陣の企業名が正式にテレビ画面を飾ったのは、エイプリルフールで巷が賑わう4月1日のことだった。これまで長らくメインスポンサーを務めてきた大手電機メーカー・東芝の名はそこにはなく、日産、日清食品、花王、アース製薬、宝くじ、西松屋、大和ハウスなど、大手ドメスティック企業が名を連ねた。そして、かねてから新スポンサーになると発表されていた、あの外資系企業の名もそこにあった。そう、EC世界最大手・アマゾンだ。

「買いものしようと街まで、でかけなくなったサザエさん」と、ネット上では有名テーマ曲の行方に物議が巻き起こっていたことはさておき、なぜアマゾンはサザエさんのスポンサーになったのか。それについては、アマゾンの一押し商品である家庭用AIスピーカー「アマゾンエコー」や、会員サービス「アマゾン・プライム」の販売を強化するためとの分析が主流となっている。例えば、百年コンサルティングの鈴木貴博氏は、ダイアモンドオンラインへの寄稿記事の中で次のように書いている。

〈このタイミングで『サザエさん』のスポンサーになったアマゾンの戦略意図は絞られてくる。(中略)アマゾンが大衆に向けて売りたい商品が2つある。1つは人工知能アレクサを搭載したスマートスピーカー「アマゾンエコー」(Amazon Echo)だ。(中略)もう1つ、アマゾンが今販売を伸ばしたいのが「アマゾンプライム」(Amazon Prime)…〉(原文ママ)

 確かに、アマゾンエコーなど家庭用AIスピーカーは、これから世界中で需要が伸びていくとされている話題のAIoT端末だ。先行者であるアマゾンとしては、しっかりと市場をつかみたいはず。世界のAIアシスタント市場で、アマゾンエコーが占めるシェアは5割強(17年)とされているが、グーグルやLINE(NAVER)などのIT各大手らが競合商品のセールスを強化しており、年配の視聴者も多い国民的アニメのCM枠で宣伝して、差別化をはかろうと考えたとしてもなんら不思議ではない。日本での会員数が約600万人とされているアマゾン・プライムにしても、事情は同じだ。ECサービスやコンテンツプラットフォームとして勝ち抜くためには、仁義なきユーザーの囲い込み作戦が必須となる。そのため、影響力や好感度が高いテレビ番組の広告枠を買うという選択は、企業の行動として当然の選択かもしれない。が、果たしてそれだけが理由なのだろうか……?

通信無制限でサーバーがダウン

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

NEWS SOURCE

    • 相次ぐ【ラッパー】薬物逮捕の嘘
    • 【渡辺謙】ハズキルーペCM起用の怪
    • 【RADWIMPS】HINOMARU騒動の裏事情

インタビュー

    • 【小川紗良】是枝監督も注目の現役女子大生
    • 【ましのみ】実力派の不思議ちゃん
    • 【野口健】死による生への執着について

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』