サイゾーpremium  > 連載  > 【冨手麻妙】映画界に愛される女優の望み
連載
チラリと見える和モノ写真進化考

【冨手麻妙】「セックスはコミュニケーション」映画界に愛される女優の秘めた望み

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1805_01re_520.jpg
(写真/オノ ツツム)

 4月に入って『娼年』(三浦大輔監督)、『クソ野郎と美しき世界』と出演映画が立て続けに2本公開となった女優の冨手麻妙さん。「雨」というテーマで、シャッター音に合わせてコロコロ変わる表情が印象的!

1805_02re_520.jpg
(写真/オノ ツツム)

「私自身は、雨女じゃなくて、雨のち晴れ女って感じで。撮影前まで雨が降っていても、絶対に上がるんですよ。

 10代の頃はグラビアのお仕事もたくさんやらせていただいていたんですけど、自分の中ではしっくりこない部分があって……。お芝居に比べたら、グラビアの撮影って、役柄があるわけではなくて、体ひとつで表現しなきゃいけないじゃないですか。自分自身は秘めておきたいっていう気持ちがあったんですかね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号