>   >   > 去る者、残る者――【ローラと西内まりや】を分けた“芸能界の掟”
ニュース
西内まりやとローラから見る、芸能界の裏側

去る西内まりや、残るローラ――2人の運命を分けた“芸能界の掟”

+お気に入りに追加

契約問題に揺れる芸能プロとタレント

能年玲奈をはじめ、ここ数年、芸能プロとタレントが契約をめぐり衝突する事例が目立ってきた。芸能プロ側が一方的に、タレントに不利益な契約を結ばせる「奴隷契約」という呼称も話題になり、NHKが取り上げる事態になった。そんな中、所属プロを離れる西内まりや、和解したローラの動向に注目が集まったが……。


1805_IMG_0315_300.jpg
かつては、モデルとしても活躍し、女性から絶大な支持を集めていた西内まりや。

 4月といえば、異動の季節であるが、今春は芸能界においてもビートたけしの事務所移籍やNHKの有働由美子アナの退社など、新たな門出が話題となっている。

 そんな中、3月末日をもって所属事務所ライジングプロダクションと契約満了、つまるところクビになったのが、女優や歌手として活躍していた西内まりや【1】だ。西内といえば、新垣結衣や川口春奈、二階堂ふみらを輩出したファッション誌「ニコラ」(新潮社)や「Seventeen」(集英社)の専属モデルとして活動後、女優に転身した。

 2016年秋公開の映画『CUTIE HONEY -TEARS-』や17年1月期に放送されたフジテレビ系月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』で主演を務めるなど、数多くのドラマや映画で活躍。また、14年8月には「LOVE EVOLUTION」で歌手デビューも果たし、同年の『輝く!日本レコード大賞』(TBS)の最優秀新人賞を獲得した。スポーツ紙デスクは語る。

「キャリアを見てもわかるように、所属事務所も西内の売り込みにはかなり力を入れていました。元々、同性からの支持が高いモデル出身ということもあり、単なる女優、歌手ではなく、かつての同事務所所属アーティストで“アムラー現象”を巻き起こした安室奈美恵のような、若い女性たちのカリスマ、アイコンにしたいという狙いがあったようです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』