>   >   > 「小田嶋隆の東京23話」/北区
連載
小田嶋隆の「東京23話」【22】

【小田嶋隆】北区――行き場のない考えを抱く男と、欄干を渡る中学生の邂逅

+お気に入りに追加

東京都23区――。この言葉を聞いた時、ある人はただの日常を、またある人は一種の羨望を感じるかもしれない。北区赤羽出身者はどうだろう? 稀代のコラムニストが送る、お後がよろしくない(かもしれない)、23区の小噺。

1804_kita_200.jpg
(絵/ジダオ)

 何かから救われるためには、その前にまず誰かを救わなければならない……という考えないしは信仰を、私がひとりの中学生を通して教えられたのは、1982年の2月のとある寒い月曜日のことだった。

 新卒で入った会社を1年で辞めて、その半年後に5年付き合った恋人と別れてみると、25歳になったばかりの失業者には、何もすることがなかった。

 その日は、自宅から15分ほど歩いた先にある岩淵水門付近の河川敷で風に吹かれていた。そうするほかに時間のつぶしようが見つからなかったからだ。岩淵水門は、はるか秩父の水源から流れ至った荒川の下流域を、2つの河川に分岐させて調整する施設で、2つの分流は、この場合、大正時代に浚渫された人工河川である荒川放水路(現在は単に「荒川」と呼ばれている)と、かつての本流で江戸時代は「大川」と呼ばれていた隅田川を指す。ちなみに、岩淵水門は隅田川と新河岸川の合流点でもある。

 その、大小4本の流れが行き交う結節点であり、4つの土手が並走する複雑な地形を備えた水門付近の河川敷は、若い人間が行き場のない考えを遊ばせるのに好適な場所だった。とはいえ、このことはとりもなおさず、行き場のない考えを抱いていない一般人にとって、真冬の河川敷が、寒いだけの魅力を欠いた散歩コースであることを物語ってもいた。

 いずれにせよ、この季節の平日に川を訪れる人間は、多かれ少なかれ世間から遊離した人間に限られていた。その隔絶感が、当時の私を川に呼び寄せたものの正体だった。つまり、私は、自ら選んだ現状である失業と失恋に適応できていなかったのだ。

 一向に気持ちの晴れないくさくさした昼下がりの散歩を切り上げて土手沿いの斜面を登り切った時、新河岸川にかかる橋の欄干を歩く人影が見えた。

「おい」

 私は、走り始めていた。

「あのバカ、飛び込むつもりだぞ」

 50メートルほど走って、志茂橋と呼ばれる橋の中ほどにたどりつくと、私は、1メートルほどの高さの欄干に跳び上がった。そして、歩いている先行者を抱きとめ、そのまま、川とは反対側の橋の上に飛び降りた。欄干に登ったのは、橋の地面から直接欄干を歩く人間に手を伸ばすと、かえって突き落とす結果になることが想像できたからだった。

 私たち、つまり、欄干を歩いていた中学生と私は、もつれ合う形で、コンクリート製の橋の地面に着地した。結果、私は右の足首に軽い捻挫を負った。中学生は右肘をすりむいている。

「あぶねーだろうが、このバカが」

 私は腹を立てていた。欄干から飛び降りた瞬間までは無我夢中だったものが、地面に降りてみると、感情の抑制が切れて、一気に安堵と怒りがこみ上げてきたのだ。

「おまえのせいで怪我をしたぞ」

 少年は黙っている。

「ふざけてんじゃねえぞ」

 睨み返してくる視線の険しさに、思わず手が出そうになった。元来、私は、暴力的な人間ではない。他人を本気で殴ったのは、後にも先にも小学校5年生の時に、隣のクラスの生徒とケンカをした時だけだ。が、この時は、自分の目の前で、こちらを睨み返してくる子どもを思い切り殴りつけたい気持ちを抑えるのにたいそう苦労した。

「キミは、このへんの子どもなのか?」

 落ち着きを取り戻すために、いくぶん丁寧な口調でしゃべることにした。

「どうして手すりの上を歩くなんてバカなことを思いついたんだ? ん? どうした? 声が出ないのか? もしかしてビビってるのか?」

「……ビビるわけないだろ」

 なるほど。おびえていると思われるのは心外らしい。こういうところは中学生だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』