>   >   > USラップとドラッグの新時代【2】/ドラッグを歌う【旬なUSラッパー】

コカインからザナックスまで、今アメリカで蔓延する薬物を文化的に考察する上でハズせないのが、前記事でも触れたこれらのラッパーだ。

1804_P076-079_img009_250.jpg

■過剰摂取で他界した時代の寵児
Lil Peep

ロサンゼルスを拠点としていた白人ラッパー。90年代のグランジやオルタナティブ・ロックのサウンドをトラップのビートに落とし込み、自殺や鬱などについてラップ。2017年11月、フェンタニル(疼痛緩和の合成オピオイド)とザナックスのオーバードーズにより21歳で死去。生前は、ほかにマジックマッシュルームやコカインなどなど、あらゆる薬物を乱用していたとされる。


1804_P076-079_img010_250.jpg

■ラップより行動が自傷的?
XXXTentacion

フロリダ生まれの20歳。活動当初の曲に「Xxxanax」がある。その後、「Look At Me!」(2016年1月)で注目された頃は、ハードコア・パンクとトラップを融合させたような楽曲でラップし、歌い、叫んでいたが、17年夏にアコースティックなアルバム『17』を発表。同作には自殺した友人を歌った曲もあるが、過去に何度も逮捕されるなど自身の行動自体が破滅的である。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー