>   >   > USラップとドラッグの新時代【1】/【米国ドラッグ】文化の狂った現状

――人気を博しているアメリカのラップ・ミュージックを聴くと、コカインやウィード(大麻)のような語句が登場する一方、ザナックスやリーン、パーコセットといった薬物も歌われる。そして、そうしたクスリの過剰摂取で命を落とすラッパーもいるのだ。今、米国のドラッグ・カルチャーは一体どうなっているのか――。

1804_P076-079_img001_300.jpg
2017年11月にオーバードーズで他界したリル・ピープのアルバム『Come Over When You’re Sober, Pt. 1』。

 2017年11月、アメリカの人気ラッパー、リル・ピープが21歳の若さで急逝した。その死因は、鎮痛麻薬フェンタニルと抗不安薬ザナックス【1】の過剰摂取。いずれも医師の処方箋があれば入手できる合法薬物だが、とりわけ後者のザナックスは米ヒップホップ界に蔓延している薬物だ(なお、フェンタニルは16年に死亡したプリンスの遺体から検出され、ザナックスは12年に死亡したホイットニー・ヒューストンの死因に関わりがあるとされている)。

 事実、ピープの訃報に対し、リル・パンプ、XXXテンタシオン、リル・ウージー・ヴァートといったザナックスを愛用する同世代のラッパーたちも、インスタグラムやツイッターで反応。本稿では、このラップ・ミュージックを手がかりに、米国ドラッグ文化のありように迫りたい。

精神科医が処方を避けるザナックス

 まずザナックスは米国でどう扱われているのか。ニューヨークで開業している精神科医・松木隆志氏はこう話す。

「ザナックスは、分類としてはベンゾジアゼピン系の抗不安薬・睡眠薬で、作用としてはアルコールに近い。つまり、服用することで気分が落ち着く効果が得られますが、飲みすぎると眠気が強まり、場合によっては意識がなくなったり呼吸が停止したりする恐れもあります。また、即効性がある分、作用時間は短く、薬が切れると再び強い不安に襲われるため、乱用・依存のリスクも高い。一度依存状態になると、薬が切れた際に強い離脱症状(いわゆる禁断症状)が出現し、重症の場合は痙攣や意識障害を起こして死に至る場合も。よって、非常に慎重に扱うべき薬であり、私自身、ザナックスを処方することはほとんどありません」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』