>   >   > 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【34】/次々と明るみになる【小室家問題】ロミジュリはなれないのか?
連載
辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」【34】

次々と明るみになる小室家の問題――ロミオとジュリエットにはなれない両家の格差

+お気に入りに追加

――日本の未来を支える異端のプリンセス・佳子様の生態を読み解きます

1804_Makosamaenki_520.jpg

 次々と小室家問題が明るみになっています……。ご結婚の行事が延期となり、ご結婚のお話自体、このままなかったことになりそうな勢いです。世が世なら眞子様は出家するくらいの大事でしょう。小室圭さんは勤労奉仕団に入って初心に戻り、皇居の草むしりでもして誠意を見せ、マグロ漁船に乗って海の王子として本領を発揮し借金分を稼いでくる……くらいのことをしないと信用は取り戻せなさそうです。

 小室母は元婚約者からの借金を踏み倒した上贈与だと主張し、小室さんもそれに賛同していたのに、秋篠宮様に問いただされると「知らなかった」と嘘をつく。これが決定的な不信感を引き起こしたのでしょう。「私もこのことは初めて知りました。事情を説明させてください」と言う小室さんに対し、秋篠宮様は「結構です」と毅然と断られたそうです。

 お母さんの発言も信用しづらく、夫の死後、実際には夫の遺したマンションがあるのにもかかわらず、知人男性に「住むところもない」と同情を引き、夫の父の遺産相続で交渉人になってもらいました。交渉で遺産をもらえることになった途端、小室母は冷静に「これで手を引いてください」と1万円の入った封筒を渡してきたそう。

 また、一番気の毒なのは400万円以上貸してバックレられ、ジャガーとマンションを手放す羽目になったAさんです。小室母はバブル世代なので、アッシーや貢くんとして男を利用するスキルが備わっているのでしょうか。Aさんは小室母と婚約しながらも、肉体関係はなかったそうです。小室母の魔性ぶりが恐ろしいです。Aさんは多額の学費や留学費用だけでなく、外車での送り迎えや(渋滞にハマって小室母にキレられながら)、高級レストランでの食事代も払っていました。小室圭さんの誕生日を祝う食事で、ケーキに「ようこそ、ワーキング・クラスへ」という英文を書いたところ、あの英文はアメリカでは決していい意味ではない、と難癖をつけられたエピソードも驚きです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』