>   >   > 大石始のマツリ・フューチャリズム【22】/【はるな愛】がBONダンスを熱く語る
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【22】

新曲は「音頭歌謡の王道をいく傑作」!――はるな愛、BONダンスを語る

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

1804_harunaai_bondance_APhoto_yori_lit_230.jpg

 盆踊りシーズン到来まで半年を切り、今年も新たなプロジェクトが少しずつ見え始めた。先陣を切って発表されたのが、インパクト十分なミュージックビデオが話題を集めつつある、はるな愛の新曲「BONダンス」である。サウンドそのものはEDM的なダンスミュージックではあるものの、ポジティブな歌詞と音頭調のメロディは、三波春夫へのアンサーともいった趣き。演歌調の楽曲「えぇねんで」(16年)でも堂々とした歌声を聴かせてくれた彼女だけあって、ここでも深みのある歌声を披露。この際、「音頭歌謡の王道をいく傑作」と言い切ってしまおう。

 では、なぜ彼女はそうした歌心を身につけられたのだろうか? その背景には彼女の生い立ちがあった。はるなが生まれ育ったのは、大阪市平野区・長吉長原の市営住宅。ここは大阪万博の際に多くの労働者が住み着いた地であり、はるなの父はこの地でスナックを経営していた。彼女に話を聞いた。

「私は小さい頃からアイドルになりたかったんですけど、父は私を北島三郎さんや五木ひろしさんのような男らしい演歌歌手にさせたかったんです。それもあって小さい頃から演歌教室に通っていて」

 また、盆踊りも身近なものだったという。大阪の夏の風物詩である河内音頭はもちろん、「炭坑節」や「アラレちゃん音頭」にも触れて育つ。

「子どもの頃から盆踊りが大好き。人前で歌うことも好きで、盆踊りのカラオケ大会に出まくってたんですね。それこそ盆踊り荒らし(笑)。盆踊りが開催されると、市営住宅の景色が一気に変わる。近所の普通の公園が瞬時にきらびやかな空間になるのがうれしくて、毎年盆踊りの季節になるのが待ち遠しかったんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』