>   > 話題のエロティック米ドラマで今野杏南ちゃんも大コーフン!

1970年代のニューヨーク歓楽街を舞台に、ポルノビジネスで新たな人生を切り開こうとする娼婦らの群像を描いたドラマが、米国で大ヒット中だという。そこで、海外ドラマ好きのタレント、今野杏南ちゃんにその作品を見ていただきました!

1804_180227_219264_520.jpg
(写真/石黒幸誠・go relax E more)

『ゲーム・オブ・スローンズ』をはじめ、多くの上質なテレビドラマを手がけてきた米HBO局が製作した、話題のエロティック・ドラマ『DEUCE/ポルノストリート in NY』が日本上陸。海外ドラマ好きの今野杏南ちゃんに、物語の舞台となる1970年代ニューヨークの歓楽街をイメージしたセクシーグラビアに挑戦してもらいましたが、実際に作品をご覧になってどうでしたか?

「えっと……これだけは聞きたかったんですけど……R15指定の作品とはいえ、下半身がポロポロ出ちゃってるのはいいんですかね?(笑)」

 ペイチャンネルが製作してるから規制が緩いんですよ(笑)。日本では放送時に加工されますけど、本国ではそのまま放送されちゃいますね。

「アメリカすげえなあ。だって、マギー・ギレンホールが演じる娼婦のキャンディが、誕生日の若い男の子を相手するシーン、あそこでも出てたよ、おちんちん(笑)。でも確かに、海外ドラマって基本的にそういうシーンが多いですよね、それも醍醐味のひとつというか。このドラマではそこがより前面に出ていて、そういう過激な描写があるけど、一方で社会派ドラマでもあって、バイオレンスもあって。すごく面白かったです」

(c) 2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

 映画『あゝ、荒野』では、杏南ちゃんも“体当たり”のシーンに挑んでましたよね。

「だから、そういうシーンはついつい念入りに見ちゃうんです。でも、日本の作品で裸が出てくると“おっ!”って構えちゃうけど、海外の作品だと、裸ってそんなに特別なことではなくて、そういうシーンでも日常の雰囲気を出せるのがすごいなあって思います」

 内容的には、主人公のひとりであるキャンディが娼婦からポルノ映画製作者へと転じていくところも見どころのひとつですが、杏南ちゃんは制作側に興味はないですか?

1804_P136-137_img001_300.jpg
(c) 2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

「めっちゃあります! 私、2014年に官能小説を書かせていただいたんですけど、ぶっちゃけ、最初はマネージャーさんから勧められて渋々やってたんですよ(笑)。でもやってみたら楽しくて、そこから裏方の仕事にも興味を持つようになりました。実は、その小説を実写映画化したいんですよね。できればプロデューサーか、脚本か、監督をやりたい。監督っていうとみんなに引かれちゃうんですけど(笑)」

 一方の本作はすでにシーズン2の製作が決定していますが、今後はどんな展開に期待しますか?

「底辺で生きる人々のように描かれている人たちが、ドラッグや暴力の中でどうやって生き抜いていくのかももちろん気になりますし、あと、外国のポルノ映画をあまり見たことがないので、それはどういうお仕事で、どうやって製作されているのかを、ドラマを通して詳しく知りたいですね。そして、私がいつか監督をやるときの参考にしたいと思います!」

(文/森野広明)
(スタイリング/早帆)
(ヘア&メイク/Mio・SIGNO)

1804_P136-137_jacket001_200.jpg
(c) 2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

『DEUCE/ポルノストリート in NY』
舞台は70年代ニューヨーク。ドラッグ、娼婦、マフィアが行き交う42番街の“デュース”と呼ばれる歓楽街で、性風俗業やポルノ映画がビジネスとして発展していく時代を生きるさまざまな人間たちを描いたエロティック・ドラマ。ジェームズ・フランコが双子の兄弟を1人2役で演じ、またマギー・ギレンホールが娼婦からポルノ映画製作者へ転じる女性を体当たりで演じてゴールデン・グローブ賞で主演女優賞にノミネートされた。そんな話題作が、スターチャンネル独占で日本初放送スタート! 4月7日23時より先行無料放送のうえ、「STAR2」では4月9日より毎週月曜23時から字幕版が、 「STAR3」では4月12日より毎週木曜20時から二カ国語版が放送予定。


海外ドラマ『DEUCE/ポルノストリート in NY』(スターチャンネル)
https://www.star-ch.jp/drama/deuce/

こんの・あんな
1989年6月15日、神奈川県生まれ。人気グラビアアイドルとしてバラエティ番組で活躍する一方、女優としても映画『クローバー』(14年)、『新宿スワン』『みんな!エスパーだよ!』(共に15年)、『あゝ、荒野』(17年)など多くの作品に出演。レギュラー出演中の『妄想マンデー』(AbemaTV)で、カメラマン、プロデューサーを担当するグラビア写真集作成プロジェクトが進行中。

(c) 2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』