>   >   > 高橋一生と森川葵の熱愛が「キモイ」の大合唱となったワケ
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

高橋一生と森川葵の熱愛が「キモイ」の大合唱となったワケ

+お気に入りに追加
1803_takahashi.jpg『キネマ旬報NEXT Vol.18 高橋一生と映画 No.1769 (キネマ旬報増刊)』(キネマ旬報社)

「やっぱり若い子がいいんだ」――ネット上では、女性たちからの落胆コメントが連打されている。

 2月27日発売の写真週刊誌「フラッシュ」(光文社)が、高橋一生と森川葵の熱愛をスクープ。記事によると、森川は合鍵を使って何度も高橋の自宅マンションを訪れ、「おこもりデート」をしているという。

「2人は2016年にドラマ『プリンセスメゾン』(NHK BS)で共演。17年1月に、森川がアシスタントを務めるバラエティ番組『A-Studio』(TBS系)に高橋がゲスト出演した際には、森川が『一生様、大好きなんですよ!』と興奮口調で語り、番組の最後には『一生さん、やっぱりすごく顔が好きです。“どタイプ”なんです!』と、公開告白していた。高橋のほうも、同年10月の『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、好きなタイプについて『きれいだなっていう方より、かわいらしい方が好きです』『笑った顔、破顔というか、笑ってくれる人が本当に好きですね』と、森川がバッチリ該当するような回答をしています」(テレビ誌ライター)

 高橋は過去に尾野真千子と交際、同棲するほどの関係だった。しかし、尾野がドラマで共演した芸人・星田英利(ほっしゃん。)と浮気したことで、破局したといわれている。

「その後、高橋は田中麗奈と交際するも、田中が結婚を急いでいたこともあり、破局。同年代の恋愛がトラウマとなったことで、無邪気に自分を好いてくれる若い森川に惹かれていったのかもしれません。2人の愛の巣となっているマンションは、最近になって高橋が購入したもの。結婚を視野に入れた真剣交際なのだと思います」(女性誌記者)

 とはいえ、現在37歳の高橋に対して、森川は15歳下の22歳。「15歳差とかキモイ」「女子高生役をやってる森川に興奮するのか」などと、女性たちからの祝福コメントはほぼ皆無だ。

「アンジャッシュ・渡部建と佐々木希も15歳差、EXILE・HIROと上戸彩は16歳差ですが、高橋と森川ほど嫌悪感は持たれていません。高橋の支持層は30代、40代の女性で、年齢には特に敏感です。彼が同年代でなく、若い女性を選んだことで“裏切られた”と感じた人が多いのでしょう。ドラマ、CMと超売れっ子の高橋ですが、熱愛報道を受けて人気が急落する可能性もあります」(広告代理店関係者)

 とはいえ、高橋だけが「キモイ」と後ろ指を刺されるのは少々気の毒にも思えるが……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』