>   >   > 【海外音楽雑誌】の"裏シノギ"

日本の音楽雑誌が売れなくなって久しいが、「NME」「Rolling Stone」といった英米の雑誌は今どうなっているのか――。日本と同じく発行部数が年々減少し、ジリ貧状態にあるだけなのかと思えば、決してそうではない。ここでは、特にウェブやイベントなど紙媒体以外の“シノギ”に着目し、海外音楽誌ビジネスの現状をレポートしたい。

1803_P038-039_cover001_300.jpg
左上より時計回りに「NME」(英)、「Rolling Stone」(米)、「Q」(英)、「The FADER」(米)、「The Source」(米)、「XXL」(米)

 2017年末、同年に創刊50周年を迎えたアメリカの音楽カルチャー誌「Rolling Stone」(以下、RS)が、経営難で身売りすることが発表された。また、15年には1952年創刊のイギリスの音楽雑誌「NME」が、売り上げ不振からフリーマガジンへと移行。ここ日本では「音楽雑誌が売れない」と言われて久しいが、海外の音楽雑誌も苦境に立たされているのか――。

 例えば日本の「rockin'on」の場合、最近の表紙はエミネムにU2、ノエル&リアム・ギャラガーといった面々。要は、表紙を飾る人物が90年代からほぼ更新されていないわけだが、音楽ライター・編集者の小熊俊哉氏はこう話す。

「雑誌もウェブも含めて多くの英米の音楽媒体が、17年の年間ベストで米ラッパーのケンドリック・ラマーを1位に挙げ、上位にアメリカの音楽家がたくさんランクインしていましたが、『NME』の場合はイギリス出身で今勢いのある人たちがトップ10に入っています。一方、古典的ロックのイメージが強い『RS』は、U2やポール・マッカートニーが表紙になったりしますが、17年の年間ベスト1位はケンドリックだし、近年の米音楽界を席巻するヒップホップ勢にも目配りしている。こうして『NME』も『RS』も今の音楽を伝えようとはしています」

 それでも音楽ファンの紙離れは深刻だ。であれば、紙以外で収益を上げる必要があり、そのひとつはウェブ上でのビジネス展開になる。アメリカでは「RS」と並ぶ有名音楽誌「SPIN」(85年創刊)が12年に、ヒップホップ雑誌「Vibe」(93年創刊)が14年に紙媒体としては休刊したが、いずれもウェブメディアに移行。LAに住む音楽ジャーナリストのハシム・バルーチャ氏はこう語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』