>   >   > 【小室と小泉】不倫報道を繋ぐ点と線
ニュース
不倫報道の在り方は変わるのか?

不倫で引退の小室と独立・不倫告白をした小泉の“ギャップ”とは?

+お気に入りに追加

なぜか報じた文春にバッシングが

「週刊文春」のスクープにより発覚した小室哲哉の不倫スキャンダル。その後、小室は会見を開き引退を発表するも、文春は非難に晒されることになった。一方、所属事務所からの独立と、俳優・豊原功補との不倫を認めた小泉今日子は、これといって仕事に支障はないかのように見えるが……。


1803_komuo_300.jpg
不倫報道をめぐる会見では涙を見せながら引退を発表した小室哲哉。

 2017年から引き続き、今年も芸能界では不倫騒動が花盛りだ。看護師女性との不倫疑惑を「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた小室哲哉は、男女関係を否定しつつも引退を発表、世間から同情の声が噴出した。一方で、独立を機に、かねてから交際が取り沙汰されていた俳優・豊原功補との不倫愛を自ら告白した女優・小泉今日子は、賛否両論を浴びている格好だ。小室の騒動について、スポーツ紙デスクはこう分析する。

「これまでの芸能人の不倫騒動の流れからすると、小室さんも一歩間違えれば世間からバッシングを受けても不思議ではなかったと思われますが、やはり妻KEIKOの介護生活の苦悩、自らの男性機能にまで言及しての男女関係の否定、そして引退宣言を口にした記者会見がプラスに働いたんだと思います。加えて、文春のスクープ至上主義という報道体質や直撃取材動画などの記者による悪ノリへの疑問が爆発した格好です」

 不倫疑惑を報じられた小室に同情が集まり、スクープを伝えた文春が世間から猛バッシングを受けるという、今までの不倫騒動にはなかった展開となった。だが、業界内では、小室の所属事務所エイベックスによる文春へのリーク説もまことしやかに囁かれている。

「エイベックスグループのある幹部が、かねてから懇意にしている文春の記者にあえて小室のスキャンダルをリークしたというものです。背景には、近年はヒット曲を出せず、それでいて何かと金のかかる小室が今や同社の“お荷物”になっており、スキャンダル発覚を機に小室に自主的に引退を決断させたかったと……」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』