サイゾーpremium  > 連載  > 精神異学~忘れられた治療法~【8】/【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
連載
精神異学~忘れられた治療法~【8】

【精神科医・岩波明】“虚病”「新型うつ病」が隆盛する生きづらき現代ニッポンの深い闇

+お気に入りに追加

[語句解説]「新型うつ病」

1802_P122-123_img001_200.jpg

精神科医でテレビタレントでもある香山リカなどにより、2007年頃より広がった「新型のうつ病」。「うつ状態により出勤はできないが、趣味などでは積極的に行動」などといった“症状”を呈すとされメディアでも一時盛んに取り上げられたが、精神医学の分野ではまったく認められていない病名で、精神科関係者からの批判の声も多かった。


 うつ病はこれまで、基本的には中高年が罹患する病気であり、しかも、いったん発症しても完全に元の状態に回復可能な病気だと信じられてきました。さらにひと昔前の精神科の教科書を見るとうつ病は、「メランコリー親和型性格」などといった特有の性格特徴を持つ人に発症するケースがほとんどなどと記載されています。ところが今、そうした常識は変わりつつあるようです。

 具体的にいえば、うつ病の慢性化がまれではないことが次第に明らかになってきたのです。統計上の数字はさまざまですが、うつ病の10~20%あまりが、回復することなく症状が持続することがわかってきています。また、特有の性格要因とうつ病の関連も、必ずしも明確とはいえないことが示されています。

 そうした中で登場しマスコミの話題をさらったのが、「新型うつ病」。このあまりセンスのよいとはいえない“造語”は、時代の雰囲気にうまくマッチしたためか、2000年代後半以降、多くのメディアに取り上げられることとなりました。

 けれども実際にはこの“病名”は、医師でもあるタレントの香山リカ氏による造語でした。はっきした定義や診断基準は存在していませんが、仕事に対して意欲がなく、うつ病だとして休職中などであるにもかかわらず、海外旅行に出かけたり自分の趣味の活動には積極的だったりする人がこれに当てはまる、とされています。

 当時多くのメディアに取り上げられたこともあり、新型うつ病は、医学的に十分に認知されていると考えている人も多いようです。一流といわれるような経済紙にも、トピックとして掲載されていました。しかしこの病気はいわば「虚像」で、結論からいえば、本来のうつ病とはまったく異なるもの。そもそも「うつ病」という言葉を使うことも適切とは言い難いものでした。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』