サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > マンガ家【下半身ゴシップ】
第1特集
『るろ剣』和月先生の本当の人柄は…

『るろ剣』和月先生は本当はイイ人だった!?――漫画業界本日モ反省ノ色ナシ 下半身ゴシップ座談会

+お気に入りに追加

人気マンガ『るろうに剣心』で知られる和月伸宏氏の児童ポルノ禁止法違反や、大ヒット作『進撃の巨人』の連載にゴーサインを出したといわれる「別冊少年マガジン」初代班長の殺人容疑など、ゴシップネタも多いマンガ業界だが、実名ではとても語ることのできないキケンでマヌケな噂話を、業界人たちが匿名で証言してくれた。ジャパニーズドリームを叶えたマンガ家たちの破天荒な実態とは……?

1802_konomangagasugoi_200.jpg
『このマンガがすごい! 2018』(宝島社)

【座談会参加者】
A:50代 元・青年マンガ誌編集者
B:40代 マンガ家。元・アニメーター
C:30代 ウェブ マンガ誌編集者

A マンガ業界の下半身ゴシップ座談会だって? 趣味の悪い企画だな(笑)。

B 業界の景気悪い話は 季刊誌「フリースタイル」の時事放談【編註1】でも読めばいいからね。

C でも、あの時事放談、紙媒体の昔話ばかりで、ウェブマンガや電子書籍の話はかなりいい加減なんですよね……。

A まあ堅い話はヨソに任せて、ここでは業界の噂話をしていこう。

B 下半身ネタで思い浮かぶのは、ケンカマンガで有名なX先生。全盛期はマンガのイメージ通りの豪快な遊び方だったのは有名な話。若い作家たちと飲んでいると、付き人状態の担当編集者がナンパした女の子たちを連れてきてさ、「これからホテルで4Pヤッてくるぜ!」と格好つけて去るんだ。

A 本人は「『売れりゃ、こういうことができるんだぜ』という憧れが大事なんだよ」と笑っていたけど、梶原一騎の時代じゃあるまいし、唖然とするだけで憧れはしないでしょ(笑)。

C「愛人が7人いる」という噂もありましたね。

A それはさすがにホラだろ。全盛期は月150ページ超えていたし、キープしていたのは2~3人だよ。人気マンガ家のY先生も愛人にしていたが、結局、別のマンガ家と結婚したね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』