サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖

いわずもがなあまたの名作を生み出してきた藤子・F・不二雄。だがその作品には、不可解なまでにエロい描写が含まれているのだ。例えば、奴隷となったしずかが砂漠を延々と歩かされ、服をボロボロにされている。ここでは、ドラえもんをはじめすべてのF作品を調べ尽くし、Fが描き出した倒錯したエロスを考察する。

1802_doraemon_200.jpg
『ドラえもん (1) 』(小学館)

 1996年に逝去した藤子・F・不二雄と言えば、名実ともに20世紀を代表する児童向けマンガの巨匠である。親・子・孫の3世代にわたって国民的人気を博す『ドラえもん』(69~96年連載)の作者にして、“文科省推薦”なイメージがつきまとう我が国の至宝。特に現在30~40代の男性は、小学館の学習雑誌や「コロコロコミック」(小学館)に連載していた原作版の『ドラえもん』をはじめ、あまたのF作品にどっぷり浸かっていた世代だろう。

 しかし、Fは断じて「子どもに健やかな夢を与える聖人君子」ではない。F作品から匂い立つ倒錯的エロス、隠しきれないFのリビドー汁は、それはそれは濃厚で芳醇なのだからして。


陵辱される小学4年生・しずか

1802_P086-089_img001_300.jpg
【1】『のび太の大魔境』(「コロコロコミック」81年9月号~82年2月号連載)より。

 例えば、よく知られた『ドラえもん』におけるしずかの入浴シーン【1】。のび太がどこでもドア等で浴室に突入し、しずかから微笑ましく咎められるシーンは誰もが知っている。時折、小学4年生女子の胸の微妙な膨らみや乳首の描画が話のネタになるものの、その程度はかわいいものだ。

「腹話ロボット」(「てれびくん」81年10月号掲載)では、のび太の「世界の美術館をみたまえ。はだかの絵や彫刻でいっぱいじゃないか。なぜか? それは美しいからだ」という、ドラえもんの道具を利用した詭弁にひっかかったしずかが、「服なんかきなくていいのね!」と目覚めてしまい、前衛演劇のごとく全裸で屋外に飛び出す。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』