>   >   > 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖

いわずもがなあまたの名作を生み出してきた藤子・F・不二雄。だがその作品には、不可解なまでにエロい描写が含まれているのだ。例えば、奴隷となったしずかが砂漠を延々と歩かされ、服をボロボロにされている。ここでは、ドラえもんをはじめすべてのF作品を調べ尽くし、Fが描き出した倒錯したエロスを考察する。

1802_doraemon_200.jpg
『ドラえもん (1) 』(小学館)

 1996年に逝去した藤子・F・不二雄と言えば、名実ともに20世紀を代表する児童向けマンガの巨匠である。親・子・孫の3世代にわたって国民的人気を博す『ドラえもん』(69~96年連載)の作者にして、“文科省推薦”なイメージがつきまとう我が国の至宝。特に現在30~40代の男性は、小学館の学習雑誌や「コロコロコミック」(小学館)に連載していた原作版の『ドラえもん』をはじめ、あまたのF作品にどっぷり浸かっていた世代だろう。

 しかし、Fは断じて「子どもに健やかな夢を与える聖人君子」ではない。F作品から匂い立つ倒錯的エロス、隠しきれないFのリビドー汁は、それはそれは濃厚で芳醇なのだからして。


陵辱される小学4年生・しずか

1802_P086-089_img001_300.jpg
【1】『のび太の大魔境』(「コロコロコミック」81年9月号~82年2月号連載)より。

 例えば、よく知られた『ドラえもん』におけるしずかの入浴シーン【1】。のび太がどこでもドア等で浴室に突入し、しずかから微笑ましく咎められるシーンは誰もが知っている。時折、小学4年生女子の胸の微妙な膨らみや乳首の描画が話のネタになるものの、その程度はかわいいものだ。

「腹話ロボット」(「てれびくん」81年10月号掲載)では、のび太の「世界の美術館をみたまえ。はだかの絵や彫刻でいっぱいじゃないか。なぜか? それは美しいからだ」という、ドラえもんの道具を利用した詭弁にひっかかったしずかが、「服なんかきなくていいのね!」と目覚めてしまい、前衛演劇のごとく全裸で屋外に飛び出す。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論
    • 【ウェブ編集vs雑誌編集】討論会
    • 【ジャニーズ】動画ビジネスの是非
    • 【元NMB・高野祐衣】が美ボディ披露
    • 動画配信サービスと【JKの本音】
    • 【72歳】のユーチューバーが登場
    • 【Creepy Nuts】がヒップホップ動画を斬る
    • アジア人ラッパーがバズる【88rising】
    • 【88rising】の気鋭アーティスト6選
    • 大手企業が群がる【eスポーツ】
    • 【学者vs業界団体】がガチバトル
    • 検閲とエロの【中国ウェブ文化】
    • 【ライブチャット】が流行る中国
    • スラムと【マフィアとグロ動画】
    • 【Amazon】がテレビ局になる日
    • 【インド市場】で動画配信戦争が勃発
    • 【民泊利権】に群がる宿泊&住宅サイト
    • ネット配信が【AV】に与えた影響
    • 【配信専属AV女優】は何を思う?

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【橋本乃依】芸能界1年生が描く青写真
    • 【想田和弘】「観察映画」に託した未来
    • 【桜井莉菜】35歳現役ギャルモデルの提言
    • 【DJ CHARI&DJ TATSUKI】最先端ヒップホップの形

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』