サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > ポスト【ウシジマ】貧困マンガ

これまで、『ナニワ金融道』や『ミナミの帝王』『闇金ウシジマくん』など、金にまつわるテーマにしてリアルな社会の暗部を描いたマンガが、数多く生まれてきた。こうしたマンガに通底するのは、金を稼ぐことがままならず社会からはじき出された人々とその“貧困”の実情だ。我々が生活する現実の隣に横たわる、もうひとつの社会を描いた「社会派マンガ2.0」とも呼ぶべき作品を紹介していこう。

1802_P084-085_P2_300.jpg
本文でもとりあげた『ギャングース』と『健康で文化的な最低限度の生活』。さまざまな角度から貧困が描かれ、また現実と裏社会の結節点があぶり出されている。

 人間とお金にまつわる泥臭いトラブルを描いたマンガといえば、『ナニワ金融道』(講談社)、『闇金ウシジマくん』(小学館)などのタイトルが真っ先に思い浮かぶが、ここ数年では、その社会派の流れをくみつつ、現代日本が抱える貧困や格差をリアルに浮き彫りにしようとする作品群の存在が、新たに目立ち始めている。

「モーニング」にて2017年まで連載された『ギャングース』(共に講談社)は、それら社会派マンガの中でもとりわけ大きな反響を呼んだ作品のひとつとなった。同作はマンガ家・肥谷圭介氏と、『振り込め犯罪結社』(宝島社)、『ギャングース・ファイル~家のない少年たち~』(講談社)など、貧困問題や犯罪関連の著作で知られるルポライター・鈴木大介氏がタッグを組んだ意欲作。ルポや実体験をモチーフにつくられた貧困&裏社会ものという意味では、本物の闇金関係者への取材を重ねて世に出された前述の『闇金ウシジマくん』や、暴力団に所属していた経歴を持つ作家・夏原武氏原案の『クロサギ』(小学館)などと似た、リアル感と緊張感が交差する作品となっている。

『ギャングース』の主人公(カズキ、サイケ、タケオ)たちは、ヤクザや半グレ、オレオレ詐欺集団など犯罪者を狙って“タタキ(窃盗や強盗)”を行うグループだ。作品内では、一般に知られることのないそのタタキの実態や、“裏稼業”に携わる人々同士のトラブルが、物語として詳しく描かれている。オレオレ詐欺や、タタキに詳しい元半グレのひとりK氏は、ギャングースについて次のような感想を寄せる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』