サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 「もうネタ作りはバカバカしい!?」仮想通貨にハマる芸人たち
1801_documental.jpg『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン1 [DVD]』(よしもとミュージックエンタテインメント)

 一般人以上におカネに敏感な芸能人たちが“知らないはずないだろ~”。

 1月21日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、仮想通貨・ビットコイン急落に関するニュースが伝えられた。

 そんな中、MCのダウンタウン・松本人志が、仮想通貨を保有していることを明かし「僕が買ったときから、めちゃくちゃ上がりましたよ!」と告白したことが話題を呼んでいる。

「松本に仮想通貨をレクチャーしたのは、芸人のたむらけんじです。自身が経営する焼肉店
でもいち早く仮想通貨決済を導入しているほどで、松本や今田耕治らに熱心に“布教活動”をしていました。そのおかげか、松本は購入時期が早かったようで、暴落があってもしっかり利益を得ているようです。たむらにしても、影響力のある大物タレントがやっていることが世間に広まれば、仮想通貨へさらに多くの資金が流入し、自分が保有している銘柄の値上がりが期待できるという思惑があるのでしょう」(芸能記者)

 松本以外にも、今や芸人たちの間では仮想通貨が大流行しているという。

「有名なところで、平成ノブシコブシ・吉村崇は、まだビットコインが5万円の時に100万円分を購入したとラジオで告白。もし暴騰時に売り抜けていれば、約4,000万円も利益を得た計算になります。また、ロンドンブーツ1号2号の田村淳も番組で数百万円分のビットコインを保有していることを明かし、昨年、キングオブコントで優勝した、かまいたち・山内健司やM-1優勝のとろサーモン・久保田かずのぶは、優勝賞金の使い道として『仮想通貨を買う』と答えています。昨年5月に飲酒運転で逮捕され謹慎中のガリガリガリクソンにいたっては、『リップル』という仮想通貨でしこたま稼ぎまくり、『謹慎になってラッキー』と語っているとか」(芸能ライター)

 仮想通貨で荒稼ぎしている芸人たちは、すでに時間と頭を使ってネタを作るのがバカバカしいと思い始めているかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論