サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 名作の「外伝」その中身とは?【2】/マンガの神様の【スピンオフ】作品
第1特集
名作の「外伝」その中身とは?【2】

手塚治虫は生きている?――マンガの神様のスピンオフ作品

+お気に入りに追加
1802_pluto_200.jpg
『PLUTO (1)』(小学館)

 スピンオフマンガの元ネタは最近の作品ばかりではない。「マンガの神様」手塚治虫の作品も、最近は続々とスピンオフ化されている。

『鉄腕アトム』に関しては、すでに03年に人気マンガ家の浦沢直樹によって、「地上最大のロボット」という1エピソードを膨らませた『PLUTO』が大評判を呼んでいる。

 その鉄腕アトムも、現在『アトム ザ・ビギニング』(原案・手塚治虫/コンセプトワークス・ゆうきまさみ/漫画・カサハラテツロー/ヒーローズ)が連載中。

『ブラック・ジャック』に関しても、『ヤング ブラック・ジャック』(原作・手塚治虫/脚本・田畑由秋/漫画・大熊ゆうご/秋田書店)や、安楽死をなりわいとする名脇役を主人公にした『Dr.キリコ~白い死神』(原作・手塚治虫/脚本・藤澤勇希/漫画・sanorin/秋田書店」、さらには創作の舞台裏を描いた『ブラック・ジャック創作秘話』(原作・宮﨑克 /漫画・吉本浩二/秋田書店)まである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論