サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【33】/幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【33】

地盤沈下の出版業界、ウェブへの移行に試行錯誤――幽霊、それでもマンガは楽しき商売。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

1802_sarashina_200.jpg
浮浪雲が終わっても、いい歳のおっさんが生まれる前から連載しているマンガがまだいくつもあるのはなかなか怖い。

 前回もマンガの話をしたような気がするが、今回はマンガ特集だった。そして、現場の人間と話すたびに苦笑いしているのは、景気回復の恩恵が出版業界の地盤沈下に追いついていないからだが、利益率の高さで屋台骨を支えていたマンガですら売り上げが減っているのだから当然だ。早い段階で電子書籍へ軸足を移した出版社は下げ止まりつつあるが、むしろ大手のほうが身動きが取りづらいのか、試行錯誤が続いている。

 マンガ雑誌は筆者が編集者となった90年代からずっと赤字で、単行本売り上げで補填しつつ刊行してきたが、それすらも厳しくなっている。とりあえず印刷コストを省略するためにウェブへ移行しているが、紙のように書店営業頼みとはいかないので、サイトやアプリへアクセスしてもらう手段で苦労している。というか、各社のシステム形式がまちまち過ぎて情報を一括化できず、それぞれが五月雨式にプレスリリースを流していくしかないのが現状だ。本屋大賞の成功からシステム化された、「マンガ読み」と呼ばれるマニアや書店員たちがお寒い流行をでっち上げる論壇もどきも、ウェブ上で拡散していくマンガ表現の細分化に追いつけず、批評の効力自体が局地的になっている。これに関しては、マニア上がりの書店員などが院外団と化し、出版社の編集方針に口を出すという問題も生じていたから、悪いことでもなく、数撃ちゃ当たる的な多様性は生まれている。批評がないと即物的な流行を追うだけになりかねないのでは、という心配もあったが、マンガの場合は批評もマニア好みのフェティッシュな描写にもっともらしい理屈を与えるばかりで、あってもなくても同じだった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』