サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【31】/私と【美玲】を連れてって
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【31】

人が変わるために必要なのは、「好きな人がいること」?――私と【美玲】を連れてって

+お気に入りに追加

『桐谷美玲』

1802_P112_IMG_0071_200.jpg

「女性セブン」12月21日発売号にて、女優・桐谷美玲と俳優・三浦翔平の交際が報じられた。二人は同じマンションに住んでおり、しかもこのマンションには、女優・高畑充希と俳優・坂口健太郎も住んでいるとのこと。後者は完全に巻き込まれた感がある。


 山﨑賢人じゃないのか! 桐谷美玲と三浦翔平の交際に関して、そう思ったのは私だけだろうか? もちろん「お似合い」「うらやましい」、もしくは三浦のチャラ男イメージに「美玲ちゃんが心配」などと賛否両論あるのは知っている。だが、大事なのはそこではない。そもそもこの2人、以前から交流はあったらしいが、ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)での共演以降に交際しているのである。ならば、なぜ恋人役だった山﨑とじゃないんだ! という話だ。

 ドラマ共演を経て交際するなら「主人公とヒロイン」もしくは「恋人役」であってほしいと思うのは、視聴者のわがままだろうか。山口百恵・三浦友和にはじまり、松嶋菜々子・反町隆史、杏・東出昌大などのように、ドラマの延長線上というか「夢を見続けたい」という気持ちがそこにはある。そういう意味で山﨑は、『まれ』(NHK)で恋人役だった土屋太鳳と交際の噂が出た期待のルーキー。その土屋太鳳とも破局が噂されていただけに、機は熟していたのだが……。

 そうでなくても最近は、水川あさみと窪田正孝(『僕たちがやりました』〈フジテレビ系〉で共演)、戸田恵梨香と成田凌(『コード・ブルー3』〈同〉で共演)といった恋人役パターンではなく、「え、そっち行くの?」といった将棋の駒でいうと桂馬みたいな動きをする女優が多い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』