サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 「君たちはどう生きるか」徹底レビュー【7】/川崎の不良にも届くのか
第1特集
1000万部超え!「君たちはどう生きるか」徹底レビュー【7】

【音楽ライター・磯部涼】『ルポ 川崎』は浦川君側の人が主人公……本書の進歩主義的思想は川崎の不良に届くか――

+お気に入りに追加

出版界のヒットメーカーが編集を手がけ、瞬く間に100万部を突破した『漫画 君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)。糸井重里ら著名人も称賛のコメントを寄せ、メディアにも絶賛の記事が並んでいる。本稿では、そんな同書の裏にあるイデオロギーや時代性を、“サイゾー的”に批評、レビューしてみると……。

磯部 涼・音楽ライター

1802_P056-061_img005_300.jpg

磯部涼・音楽ライター…1978年生まれ。中1殺害事件をはじめ陰惨な出来事が立て続いた工業地帯・川崎市川崎区のラップ・ミュージックからヤクザ、ドラッグ、売春、貧困、人種差別までドキュメントした新著『ルポ 川崎』(サイゾー)が、話題沸騰中!


1802_P056-061_img006_300.jpg
BAD HOPも登場する『ルポ 川崎』(小社刊)は好評発売中!(写真/細倉真弓)

『君たちはどう生きるか』は要するに、人間がより良く生きることで、世界はより良くなっていく、ということを説いた本ですよね。そうした進歩主義的メッセージは、コペル君みたいな優等生には響くでしょう。しかし、僕が著書『ルポ 川崎』で取材したような不良には、どこまで届くのか……。あるいは、『ルポ 川崎』に登場するラップ・グループのBAD HOPは『クローズ』『ギャングキング』といったヤンキーマンガを小学生の頃から愛読しており、それが彼らにとっての『君たち~』だったといえます。

『君たち~』には、上級生にボコられる友達をコペル君が見捨てる場面がありますよね。コペル君はその経験の後、友達関係というごく小さな社会が自分にとって一番大切な世界だと気づき、「人間は分子である」という理論の下、それを世界の縮図としてとらえていきます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』