サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 広瀬すず、兄の“酒気帯び運転”逮捕で蒸し返された「2つの黒歴史」事件
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

広瀬すず、兄の“酒気帯び運転”逮捕で蒸し返された「2つの黒歴史」事件

+お気に入りに追加
1801_hirose.jpg『広瀬すずファースト写真集「suzu」』(東京ニュース通信社)

 いい迷惑とはこのことだろうか。1月15日、静岡県警清水署が大石晃也容疑者を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕した。スマートフォンを操作しながら運転しており、前方確認が遅れて軽乗用車にぶつかってしまったようだ。

 しかし、この大石容疑者が女優の広瀬すず、広瀬アリスの兄であったため、このニュースは一気に拡散されることとなった。

 親族とはいえ、業界内では「姉妹には関係ない」という声が強く、今のところCMなどの仕事には影響はなさそうだ。しかし、このニュースによって、すずの2つの黒歴史が蒸し返される事態となっている。

 その1つが「有吉事件」だ。テレビ誌ライターが振り返る。

「世間では広瀬姉妹は本名だと思っていた人も多く、兄の名前が大石だったことに驚きの声が上がっています。広瀬は15年にドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)の番宣のために『ヒルナンデス!』に出演した際、『名前にひらがなが入っている芸能人アンケート』というコーナーで、レギュラー出演者の有吉弘行から突然、『広瀬すずちゃんって本名?』と尋ねられた。不意をつかれて驚いたのか、彼女は『あ、はい』と答えたのです。有吉は変な間があったのを察してか、即座に話題を打ち切っていました。しかし、広瀬はまだ小学生だった2010年に『ネプリーグ衝撃超人キッズSP』(フジテレビ系)で、出演者の友人として登場。そのとき『大石鈴華』とテロップで流れていた。そのことを知る一部のコアなファンから、ウソをついていたことが指摘され炎上騒ぎになってしまった」

 そして、もう1つが「照明事件」だ。

「テレビ番組で、テレビ局の照明の話になった際に『どうして照明さんになろうと思ったんだろう』『本当に声を録るだけでいいの?』と、職業蔑視にも聞こえる発言をして、こちらはしばらく鎮火しないほどの大炎上となりました。しかし今回、兄の大石容疑者が『無職』と報じられたことで、ネット上では総ツッコミ状態となっています」(芸能記者)

 ちなみに、ネット上では姉・広瀬アリスの本名が「大石麻由子」ということも明らかにされている。2人ともあまりにしっくりくる芸名があったからこそ、ここまでの人気を獲得することができたのかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論