サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > “竹林不倫”の秋元優里アナは、プロデューサーに「調教」されていた!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

“竹林不倫”の秋元優里アナは、プロデューサーに「調教」されていた!?

+お気に入りに追加
“竹林不倫”の秋元優里アナは、プロデューサーに「調教」されていた!?の画像1
フジテレビアナウンサーオフィシャルサイトより

 漫画やAVでもなかなかお目にかかれない香ばしい設定に、男たちのザワつきが止まらない。

 1月10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)がスッパ抜いた、フジテレビの秋元優里アナと同局プロデューサーの“竹林”不倫が話題沸騰だ。

 記事によると、秋元アナはクリスマスの夜に、この男性の車でデートを満喫。そこまではいいが、車は横浜市郊外の竹林に向かうと、男性は外に出ることなく助手席の間をすり抜けて後部座席の女性の元へ。そのまま30分以上停車していた車から聞こえていたのは、サスペンションの軋む音だったという。

 さらに1月4日に目撃された場所は、横浜郊外の畑の中。無断で他人が所有する堆肥小屋の中に車で侵入すると、この時も車内で30分ほど過ごしたという。

「記事を読む限りでは、状況的に誰がどう見てもカーセックスをしていたとしか思えない。それに、お金を持っているはずの2人が、あえてホテルではなく竹林や畑の堆肥小屋で行為に及んでいたのだとすると、秋元アナはこの男に完全に“調教”されてしまっているのは間違いない。局内では、男は“ハプバー”遊びが趣味で、秋元アナをそこに連れて行っていたんじゃないかというウワサまで、まことしやかに流れていますよ」(フジテレビ関係者)

 秋元アナは夫で同局アナの生田竜聖アナとの離婚が成立しておらず、相手のプロデューサーも妻子がいるためW不貞となる。

「彼女は『BSフジLIVE プライムニュース』のキャスターを務めていましたが、今回の不適切行動によってフジの報道は完全に地に落ちてしまった。局の上層部は大激怒で、6月の人事でアナウンサーを外されるのは確実です。このまま退社する可能性が高いのでは?」(同)

 報道系の人妻美女アナを自分の性癖に合わせて“調教する”とは、男たちにとってはまさに夢の世界。むしろ、今こそ秋元アナの露出を増やせば、妄想をかき立てられた視聴者によって、確実に高視聴率が獲れそうだが……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』