>   >   > ニッポンのマンガ業界最新動向【2】/ネット時代を生きるリイド社の戦略
第1特集
ニッポンのマンガ業界最新動向【2】

さいとう・たかをと時代劇だけじゃない!――ネット時代を生きるリイド社の戦略

+お気に入りに追加

大手のみならず、中堅規模の出版社も軒並み、紙が売れなくなったことで苦戦を強いられているが、そんな時代にあって、ある老舗の出版社はSNSでバズることで、新たな活路を見出している?

1802_P038-041_P_41_300.jpg
入稿直前に大量の修正を入れられた『バトル少年カズヤ』は、丸2日かけて該当箇所を直すハメになったという。

 さいとう・たかを作品や、時代劇マンガ雑誌「コミック乱」など、中高年向けのイメージの強いリイド社が今、SNSを中心に話題を呼んでいるのはご存知だろうか? 同社の運営する「リイドカフェ」は特殊出版レーベル・おおかみ書房編集長の劇画狼が、絶版になった過去のマンガを見つけ出して掲載したり、天久聖一の連載が控えていたりと、コアなマンガ読者に向けたサイトをつくりあげ、最大で月間170万PVを記録しているのだ。同サイトで多くの作品を手がける編集者の木本隆樹氏は、こう語る。

「弊社HPのおまけコーナーとして始まった『リイドカフェ』は、試してみたい作品を次々と投入していくうちに、いつしか若い読者と作家を獲得する媒体になりました。完全無料公開サイトのため、最終的には紙と電子の単行本販売でリクープする考え方です。同サイトで連載している中川ホメオパシー先生の『干支天使チアラット』の1巻を刊行する際、同時発売すれば話題になるだろうということで『バトル少年カズヤ』も単行本化することにしたのですが、同作はもともと『オモコロ』で連載されていた、過度な下ネタや芸能人激似のキャラに支離滅裂な行動をさせるという、大手各社が出版を躊躇するような内容。そのため、単行本発売をアナウンスしたところ、SNS上で『リイド社は頭がおかしい』と話題になってしまい、その反応を見た上層部から『こんな本出していいわけないだろ』ということで、入稿直前に大量の修正を入れることに。発売中止も考えたのですが、すでにAmazonの予約もガッツリ入っていたので、もう止められない状態でした。ある意味、SNSの後押しのおかげで出たマンガですね」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』