サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 有村架純、『紅白』ポロリ寸前衣装でEカップが確定!?「Cカップが定説だったが……」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

有村架純、『紅白』ポロリ寸前衣装でEカップが確定!?「Cカップが定説だったが……」

+お気に入りに追加
1801_arimura.jpg『有村架純1st写真集「深呼吸-Shin・Kokyu-」』(集英社)

 もしかしたら元カレに見せつけるためだった!?

 昨年、大みそかに放送された『第68回NHK紅白歌合戦』にて、紅組司会の有村架純が露出度の高い衣装で登場し、男性視聴者の目をクギ付けにした。

「有村は両肩と背中があらわになった真紅のドレス姿で出演。胸の谷間が丸わかりなのに加え、ヒップラインまで鮮明に浮き出る大胆なデザインに、ネット上では『色気がハンパない!』『こんなに巨乳だったのか!!』と鼻息の荒いコメントが連打されました。清純派のイメージが強い彼女のバストサイズはCカップというのが定説でしたが、最近になって『Eカップはある』との証言が相次いでおり、今回は“急成長”が事実だったことが確認できました」(週刊誌記者)

 最大の“ハプニング”が起きたのは、兵庫県出身の有村が、天童よしみの歌う「道頓堀人情」に参加するために、出演者の前を頭を下げながら通り過ぎた時のことだった。

「有村が屈んだ際、胸元がドレスから浮き上がり、“あわやポロリ”寸前に。おそらく上から見たら、乳首が見えていたかもしれないほどの際どさでした。また、Hey! Say! JUMPが登場した際には、ドレスがズレ下がり、必死に胸元を押さえながら隠そうとする場面も。同グループには有村の元カレで、キス写真が流出したこともある岡本圭人がいますから、彼女はさぞかし焦ったでしょうね」(同)

 有村といえば、昨年末に発売された女性ファッション誌「ar」(主婦と生活社)でも胸元があらわなセクシーショットを連発し、ファンを歓喜させている。

「同誌のインタビューでは『色っぽさやフェロモンに関しては、自分ではまったく意識してない』と答えていましたが、昨秋には映画『ナラタージュ』で濃厚なベッドシーンを演じるなど、このところセクシー路線が加速しています。全国放送での谷間解禁となったことで、今年はフェロモン女優として、さらなる成長を遂げそうです」(女性誌記者)

 交際時とは違う(?)元カノのたわわな胸元を見て、岡本も別れたことをさぞかし後悔していることだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年1月号

禁断のマンガ大全

禁断のマンガ大全
    • 現役【マンガ編集者】座談会
    • 残虐化【ヤンキーマンガ】新潮流
    • 【今日から俺は!!】トンデモVシネマ
    • 【マーベル】スタン・リーの光と影
    • 【スタン・リー】と日本の関係
    • 万歳!【愛国/排外】マンガの変遷
    • マンガ【艦隊シリーズ】の歴史修正
    • 【さくらももこ】の死生観
    • 【セックスフラペチーノ】コジコジ愛
    • マンガの【ヒップホップ】描写
    • この【中東マンガ】がアツい!2018
    • 間違いだらけの【中東描写】
    • 急成長を遂げる【海外マンガ】
    • 【アルジェリア】のマンガ
    • いま、【歴史学習まんが】が面白い
    • 【伝記まんが】の流行はアノ人!
    • 【福祉問題】を知るマンガ11選
    • 【都条例】に狙われるBLの中身
    • この【不健全BL】がやばい!
    • マンガ家【超高齢化】の哀楽

Fカップ平嶋夏海、罪で"H"なマンガ

Fカップ平嶋夏海、罪で
    • 【平嶋夏海】元AKB大胆セクシー

NEWS SOURCE

    • 内部告発が噴出【エイベックス】
    • 【みずほ銀行】の負の遺産
    • 【リーディングミュージアム】の顛末

インタビュー

    • 【岡田結実】母から教わった家庭内ルール
    • 【折坂悠太】平成最後の傑物が平成を歌う
    • 【祭nine.】ボイメン弟分が芸能界の荒波に挑む

連載

    • 【岸明日香】陰キャなんです。
    • 【山崎真実】お歳暮のハムになる
    • 【恭子】のキスを数えましょう
    • 【AIとブロックチェーン】が「個人の時代」を実現!?
    • 【貴乃花】が政界進出へ足固め?
    • イッテQの【祭りの捏造】は悪か?
    • 中国から【現金を消滅】させた企業の正体
    • EDM教祖は極左翼!越境しまくる【アオキさん】
    • 町山智浩/『グリーンブック』
    • 【北方領土問題】と日露の思惑
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/He is gone.
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【椎名林檎】いつまでもメンヘラ女に夢を見るな
    • スラッシュの息子がバンド結成!「クラスレス・アクト」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【野生酵母】でビールを造る伝説のパン屋さん
    • 【ポルノ雑誌】と呼ばれても…
    • 幽霊、美少女たちの箱庭と4コマ史。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』