>   >   >  彼女の耳の穴/藤井美菜

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1801_F_DSC5954_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

Touching song

1801_yukinohana_100.jpg

中島美嘉
「雪の華」

2003年10月にリリースされた10thシングル。04年に韓国で放送されたドラマ『ごめん、愛している』主題歌としてカバーされ、韓国でも大ヒットした。


 親が転勤族だったので、小さい頃から石川、千葉、新潟と転々としていて……いちばん記憶に残っているのは、新潟ですね。9歳から6年間住んでいたので。で、新潟に引っ越したばかりの頃、親が市民ミュージカルのオーディションのチラシを持ってきてくれたんです。それで、軽い気持ちで受けてみたら受かって。それから中学までは、ずっと市民ミュージカルをやってました。

 その頃は、歌番組をよく観ていましたね。『HEY!HEY!HEY!』とか『うたばん』とか。初めて買ったCDは、森山直太朗さんかな?中学生の頃だったと思うんですけど。その中に「高校3年生」という曲があって、「卒業したら、君ともお別れだね」みたいな淡い感じの恋の歌なんですけど、それが当時の自分の気持ちと重なったんですよね。中学時代も市民ミュージカルは続けていたんですけど、本格的に女優の仕事をするならやっぱり東京だなって思ってもいて。それで母親と約束したんです。首都圏の高校に合格したら、上京してもいいって。だから、森山さんの「高校3年生」を聴きながら、「いつか自分も上京して……」みたいなことを思っていたのかな。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』