サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』映画化へ!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』映画化へ!? Fカップ美巨乳ヌードが、ついに解禁か

+お気に入りに追加
1712_ayase.jpg
『綾瀬はるか写真集 『BREATH』』(集英社)

「2018年に綾瀬はるかが巨乳を完全解禁する」と、業界関係者の間で持ち切りだ。

 綾瀬といえば、10月期に主演したドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)が全話平均12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。最終回は14.1%で有終の美を飾った。

「昨今のドラマはヒット作が激減しているだけに、日テレが視聴率2ケタドラマを放っておくはずがない。すでに来年の映画化の話が、水面下で進行しているようです」(テレビ関係者)

 12月6日の最終回では、元工作員の菜美(綾瀬)の愛する夫・勇輝(西島秀俊)が公安の人間であり、菜美を監視するために近づいてきたことが発覚。ラストシーンでは、家に帰った菜美を玄関で迎えた勇輝が銃を向けたと思いきや、画面が暗転して銃声だけが轟いてドラマが終了している。

「このすっきりしないラストに視聴者からは不満の声が噴出しましたが、映画ではこの続きから始まる模様。どうやら、勇輝が撃ったのは菜美に銃口を向けていた他の公安で、2人で逃避行するという展開になると聞いています」(日本テレビ関係者)

 同ドラマは突飛な設定もさることながら、毎回こっそり盛り込まれていた綾瀬の「セックスレス妻」ぶりが高視聴率につながったとも言われている。

「非日常的な演出で西島を驚かせ、ベッドに押し倒すシーンがあったり、あの手この手で夫を振り向かせようとする努力が健気でした。そして、ついに映画版では綾瀬と西島の激しい濡れ場が用意されているといいます。どこまで露出するかは今後の話し合いになるようですが、あの推定Fカップともいわれる巨乳が弾んだり揉まれたりするのかと思うと興奮が止まりません。乳首とは言わないまでも、生乳房を見せてくれれば、大ヒット間違いなしなのですが」(同)

 綾瀬も来年はもう33歳。「脱げる本格化女優」への変身に期待しようではないか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論