>   >   > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第121回/『否定と肯定』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第121回

『否定と肯定』――“否認”を切り崩せ!ホロコースト否定論を迎え撃つ法廷劇

+お気に入りに追加

『否定と肯定』

1801_P141_640_200.jpg

1994年、英歴史家のアーヴィングはホロコースト否定論を主張していた。これに対し、ユダヤ人女性の歴史学者・リップシュタットは自著において、アーヴィングの説に真っ向から否定。やがてアーヴィングは名誉毀損でリップシュタットを提訴し、2000年、裁判が開廷される。
監督:ミック・ジャクソン、出演:レイチェル・ワイズ。全国公開中。


「ヒトラーがホロコーストを命じた証拠はあるのか? それが出せれば、この1000ドルをやろうじゃないか!」

 1994年、ユダヤ近代史家デボラ・リップシュタットが、ジョージア州アトランタのデカルブ大学でホロコーストについて講義していると、客席から中年の男が立ち上がり、ドル紙幣を掲げてそう叫んだ。

 男はデヴィッド・アーヴィングという英国人。77年に「ヒトラーはホロコーストを命じていない」という主張の『ヒトラーの戦争』(早川書房)でセンセーションを起こした。彼についてリップシュタットは93年に著書『ホロコーストの真実 大量虐殺否定者たちの嘘ともくろみ』(恒友出版)で「反ユダヤ主義に基づいて事実を歪曲する、えせ歴史家」と断罪した。そしてアーヴィングはわざわざアメリカまで来て、彼女に挑戦したのだ。

 ヒトラーはホロコーストの命令書を書いていない。ユダヤ人絶滅はナチ自身も犯罪だと自覚していたので秘密裏に行われた。東方への移住と称してポーランドのアウシュヴィッツに送り、死体は痕跡も残らぬように焼却し、ガス室も爆破して証拠隠滅を図った。その証拠の少なさが、ホロコースト否定派を生み出してきた。

 アーヴィングはさらに英国でリップシュタットと出版社ペンギン・ブックスを名誉棄損で訴えた。英国では訴えられた被告側に立証責任がある。リップシュタットは、アーヴィングが資料や証拠を歪曲してホロコーストを否定したことを、法廷で証明する羽目になった。2003年、ホロコーストの真偽が法廷で問われる歴史的な裁判が始まり、全世界が注目した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』