サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 安室奈美恵、電撃『紅白』出演の裏に“2つの密約”あった?
1712_amuro.jpg
『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017 [DVD]』(Dimension Point)

 大みそかの『NHK紅白歌合戦』に、安室奈美恵が特別出演歌手として出演することが発表された。

「来年9月での引退が決まっている安室は、今回が最後の紅白となる。今年は例年以上に“目玉歌手”が不在でしたから、NHKサイドも胸を撫で下ろしたことでしょう。一部では彼女に20分という枠を与えるVIP待遇になるとも報じられています」(芸能記者)

 安室といえば、お金を払ってライブに来るファンを大事にしたいとの考えから、当初は紅白を辞退する構えを見せていた。それが急転直下、出場となった裏には、いったい何があったのか。音楽関係者は「安室とNHKとの間に“2つの密約”が交わされたようだ」と言って、こう続ける。

「安室には9月に引退した後、音楽プロデューサーとして後進を育てるプランがある。そしてもうひとつが、安室の息子の芸能界デビュー。この2つを、NHKがきちんとバックアップするというのが出場の条件になっているといいます。安室はコンサートでもMCをしないことで知られていますが、紅白でも、あらかじめ決められた質問にのみ答えるという演出上の約束事も入念に打ち合わせがなされたそうです」

 NHK幹部は「我々の思いが届いた」と大喜びだが、一方で安室の出場が高視聴率に直結するかは未知数だという。

「実際、11月23日にNHKで放送された『安室奈美恵 告白』の視聴率は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2ケタに届かなかった。10月からHuluで独占配信された密着ドキュメンタリーも、思ったほどは話題になっていない。ラストツアーの売れ行きは好調ですが、もしかすると紅白も肩透かしに終わる可能性もありそうです」(前出・音楽関係者)

 さて、視聴率はどうなる?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載