>   >   > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【30】/【安室奈美恵】を愛してマスカット
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【30】

もはや「ちゃん」ではなく「先輩」――【安室奈美恵】を愛してマスカット

+お気に入りに追加

『安室奈美恵』

1801_P096_200.jpg

9月20日、自身のHPで来年9月16日に引退することを発表した歌手の安室奈美恵。引退に向けて「MAXとの共演あるか?」という声も上がっているが、個人的には『ポンキッキーズ(フジテレビ系)時代に鈴木蘭々とやっていたシスターラビッツの復活を望んでいる。


 歌手・安室奈美恵の引退発表に日本中が揺れた。ファンの人もそうでない人も、一時代を駆け抜けた歌姫の引退を、惜しみ、悲しみ、そしてこれまで勇気づけられてきたことに感謝するなど、さまざまな思いが交錯している。そんな中、私が安室ちゃんの引退について感じるのは「悲しみ」でも「感謝」でもなく、ただ「恥ずかしい」という気持ちである。

 安室ちゃんなどと気安く呼んでいたから気づかなかったが、彼女は私の1コ下。今さらながら「1歳しか違わないのか……」という事実に愕然としている。

 例えば、羽生結弦とか大谷翔平ぐらい年が離れていると「いや~天才ってのはスゴいね~」などと大人ぶった態度で負けを認めながらも、どこか別次元のこととしてとらえてしまいがちだ。だが、これが同年代となってくると「俺は今まで何をやっていたんだろう……」と焦るというか、急に「こんな自分が恥ずかしい」という気持ちになってくる。もっと早く気づけよという話ではあるが、若い頃は「メジャーなものは避ける」というサブカルクソ気質だった私は、安室ちゃんが売れてくるとMAXのほうに興味がいってしまい、安室ちゃんのことは「そこそこ年下の女の子」という印象で止まっていたというのが正直なところだ。

 ただまあ、気づいていたところで20年以上前からその差は歴然なわけで、安室ちゃんが19歳の頃、すでに「SWEET 19 BLUES」で人気は絶頂。私の19歳の頃といえば、現役での大学受験に失敗し、事態を重く見た両親がなぜか、縁もゆかりもない土地に私を送り込み、ひとり浪人生活を送っていた時期だ。「もうすぐ大人ぶらずに 子どもの武器も使える いちばん旬なとき」を棒に振っていたのである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』