サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 流出動画でリアリティ増すハメ撮り文化【1】/【ハメ撮り】とエロ動画の考現学

スマホのカメラ機能が飛躍的に向上したことで、SNSへの写真投稿が日常生活の一部となりつつある昨今。実はそれが、エロの世界にも大きな影響を与えている。素人によるセックス動画がネット上に溢れかえっているのだ。AVのいちジャンルでしかなかった「ハメ撮り」が、なぜこれほど普及したのか――?

1801_P060-063_img001_300.jpg
「テレクラキャノボール」シリーズのヒットを受け、アイドル編ができたりしている。地上波では、ロンブー淳がMCで、オマージュ企画も。

 通説では日本にアダルトビデオが誕生したのは、1981年。それから間もなくして、80年台後半には“ハメ撮り”という言葉が生まれている。伊勢鱗太朗監督の『勝手にしやがれ』(88)が、AVのハメ撮り作品第1号とされており、さらに“ハメ撮りの帝王”と呼ばれ、「ナイスですね~」の決まり文句で知られる村西とおる監督の功績もあって、急速に人気が高まっていった。村西が巨大なカメラを担いで撮影する様子は、当時の大人気バラエティ番組『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)でコントにもされた。

 最近でも、カンパニー松尾監督の『劇場版テレクラキャノンボール2013』がヒットしシリーズ化したり、地上波でパロディ番組が放送されるなど、ハメ撮りは長年AVのいちジャンルとして確固たる地位を築きながら、アダルト業界の枠すら超えて認知されてきた。そしてそれは一般にも広がり、少し古いデータだが09年に行われた「an・an」(マガジンハウス)によるアンケートでは、1000人中、なんと33%もの女性がハメ撮りの経験があると回答している。

ハンディカムの登場で一般にもハメ撮りが浸透

 なぜハメ撮り作品はそれほどまでに人気を集めてきたのか。数多くのハメ撮りドキュメント作品を世に残し、「テレクラキャノンボール」シリーズでの活躍でも知られるAV監督のバクシーシ山下氏はこう語る。

「制作側から言うと、ハメ撮り作品は究極に安く・早く完成するんですよ。自分で撮影編集すれば、カメラは1台でいいし、男優もいらない。しかも低コストにもかかわらず、臨場感があるんですよね。人のセックスを覗き見しているようなリアリティというか。覗き見行為は、映像撮影の原初であるともいえます」

 制作側の都合と、ストーリーや演出が練られたAV作品にはない“覗き見の臨場感”。両方が相まったことで、ハメ撮りという文化は誕生した。しかし、ハメ撮りが登場した当初、使われていたのはSONYのBETACAM(ベーカム)と呼ばれる業務用の大きなカメラ。家庭には広がっておらず、素人には扱いが難しいものだった。ガジェットライターの武者良太氏は、ハメ撮りが一般に広がった経緯についてこう語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年1月号

禁断のマンガ大全

禁断のマンガ大全
    • 現役【マンガ編集者】座談会
    • 残虐化【ヤンキーマンガ】新潮流
    • 【今日から俺は!!】トンデモVシネマ
    • 【マーベル】スタン・リーの光と影
    • 【スタン・リー】と日本の関係
    • 万歳!【愛国/排外】マンガの変遷
    • マンガ【艦隊シリーズ】の歴史修正
    • 【さくらももこ】の死生観
    • 【セックスフラペチーノ】コジコジ愛
    • マンガの【ヒップホップ】描写
    • この【中東マンガ】がアツい!2018
    • 間違いだらけの【中東描写】
    • 急成長を遂げる【海外マンガ】
    • 【アルジェリア】のマンガ
    • いま、【歴史学習まんが】が面白い
    • 【伝記まんが】の流行はアノ人!
    • 【福祉問題】を知るマンガ11選
    • 【都条例】に狙われるBLの中身
    • この【不健全BL】がやばい!
    • マンガ家【超高齢化】の哀楽

Fカップ平嶋夏海、罪で"H"なマンガ

Fカップ平嶋夏海、罪で
    • 【平嶋夏海】元AKB大胆セクシー

NEWS SOURCE

    • 内部告発が噴出【エイベックス】
    • 【みずほ銀行】の負の遺産
    • 【リーディングミュージアム】の顛末

インタビュー

    • 【岡田結実】母から教わった家庭内ルール
    • 【折坂悠太】平成最後の傑物が平成を歌う
    • 【祭nine.】ボイメン弟分が芸能界の荒波に挑む

連載

    • 【岸明日香】陰キャなんです。
    • 【山崎真実】お歳暮のハムになる
    • 【恭子】のキスを数えましょう
    • 【AIとブロックチェーン】が「個人の時代」を実現!?
    • 【貴乃花】が政界進出へ足固め?
    • イッテQの【祭りの捏造】は悪か?
    • 中国から【現金を消滅】させた企業の正体
    • EDM教祖は極左翼!越境しまくる【アオキさん】
    • 町山智浩/『グリーンブック』
    • 【北方領土問題】と日露の思惑
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/He is gone.
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【椎名林檎】いつまでもメンヘラ女に夢を見るな
    • スラッシュの息子がバンド結成!「クラスレス・アクト」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【野生酵母】でビールを造る伝説のパン屋さん
    • 【ポルノ雑誌】と呼ばれても…
    • 幽霊、美少女たちの箱庭と4コマ史。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』