>   >   > 流出動画でリアリティ増すハメ撮り文化【1】/【ハメ撮り】とエロ動画の考現学

スマホのカメラ機能が飛躍的に向上したことで、SNSへの写真投稿が日常生活の一部となりつつある昨今。実はそれが、エロの世界にも大きな影響を与えている。素人によるセックス動画がネット上に溢れかえっているのだ。AVのいちジャンルでしかなかった「ハメ撮り」が、なぜこれほど普及したのか――?

1801_P060-063_img001_300.jpg
「テレクラキャノボール」シリーズのヒットを受け、アイドル編ができたりしている。地上波では、ロンブー淳がMCで、オマージュ企画も。

 通説では日本にアダルトビデオが誕生したのは、1981年。それから間もなくして、80年台後半には“ハメ撮り”という言葉が生まれている。伊勢鱗太朗監督の『勝手にしやがれ』(88)が、AVのハメ撮り作品第1号とされており、さらに“ハメ撮りの帝王”と呼ばれ、「ナイスですね~」の決まり文句で知られる村西とおる監督の功績もあって、急速に人気が高まっていった。村西が巨大なカメラを担いで撮影する様子は、当時の大人気バラエティ番組『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)でコントにもされた。

 最近でも、カンパニー松尾監督の『劇場版テレクラキャノンボール2013』がヒットしシリーズ化したり、地上波でパロディ番組が放送されるなど、ハメ撮りは長年AVのいちジャンルとして確固たる地位を築きながら、アダルト業界の枠すら超えて認知されてきた。そしてそれは一般にも広がり、少し古いデータだが09年に行われた「an・an」(マガジンハウス)によるアンケートでは、1000人中、なんと33%もの女性がハメ撮りの経験があると回答している。

ハンディカムの登場で一般にもハメ撮りが浸透

 なぜハメ撮り作品はそれほどまでに人気を集めてきたのか。数多くのハメ撮りドキュメント作品を世に残し、「テレクラキャノンボール」シリーズでの活躍でも知られるAV監督のバクシーシ山下氏はこう語る。

「制作側から言うと、ハメ撮り作品は究極に安く・早く完成するんですよ。自分で撮影編集すれば、カメラは1台でいいし、男優もいらない。しかも低コストにもかかわらず、臨場感があるんですよね。人のセックスを覗き見しているようなリアリティというか。覗き見行為は、映像撮影の原初であるともいえます」

 制作側の都合と、ストーリーや演出が練られたAV作品にはない“覗き見の臨場感”。両方が相まったことで、ハメ撮りという文化は誕生した。しかし、ハメ撮りが登場した当初、使われていたのはSONYのBETACAM(ベーカム)と呼ばれる業務用の大きなカメラ。家庭には広がっておらず、素人には扱いが難しいものだった。ガジェットライターの武者良太氏は、ハメ撮りが一般に広がった経緯についてこう語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論
    • 【ウェブ編集vs雑誌編集】討論会
    • 【ジャニーズ】動画ビジネスの是非
    • 【元NMB・高野祐衣】が美ボディ披露
    • 動画配信サービスと【JKの本音】
    • 【72歳】のユーチューバーが登場
    • 【Creepy Nuts】がヒップホップ動画を斬る
    • アジア人ラッパーがバズる【88rising】
    • 【88rising】の気鋭アーティスト6選
    • 大手企業が群がる【eスポーツ】
    • 【学者vs業界団体】がガチバトル
    • 検閲とエロの【中国ウェブ文化】
    • 【ライブチャット】が流行る中国
    • スラムと【マフィアとグロ動画】
    • 【Amazon】がテレビ局になる日
    • 【インド市場】で動画配信戦争が勃発
    • 【民泊利権】に群がる宿泊&住宅サイト
    • ネット配信が【AV】に与えた影響
    • 【配信専属AV女優】は何を思う?

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【橋本乃依】芸能界1年生が描く青写真
    • 【想田和弘】「観察映画」に託した未来
    • 【桜井莉菜】35歳現役ギャルモデルの提言
    • 【DJ CHARI&DJ TATSUKI】最先端ヒップホップの形

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』