>   >   > ドラマが描く時代のセックス観【3】/鬼畜エロを描く【野島伸司】
第1特集
ドラマが描く時代のセックス観【3】

近親相姦に障害者レイプ――佐々木希セックス依存症!?鬼畜エロを描く野島作品

+お気に入りに追加

30代~50代の読者なら、野島伸司が手がけた『高校教師』や『聖者の行進』でのエグい性描写は、ある種のトラウマになっているだろう。最近ではあんまりその名前を聞かなくなった野島作品だが、どっこい今も健在だった……。

1801_P042-047_page4_300.jpg
野島伸司が手がけた「ひとつ屋根の下」への出演がきっかけで、当時交際に発展していたという酒井法子。その後の人生は、まるで野島作品のよう?

 過激な性描写を描いてきた脚本家として、誰もがその名前を思い浮かべるのが野島伸司だろう。

『高校教師』(93年・TBS)では、京本政樹演じる教師が教え子をレイプし、父親からの近親相姦に苦しむ桜井幸子演じる女子高生は、真田広之演じる教師と恋愛関係に突き動かされる。また、『未成年』(95年・TBS)でも10代の少年・少女たちの性を正面から描き、『聖者の行進』(98年・TBS)では、雛形あきこ演じる知的障害者への強姦を描き、視聴者からの苦情が殺到した……。

 TBSとタッグを組んだ野島は、今の地上波では考えられないようなセンセーショナルな題材と性描写を用いて、軽薄なトレンディドラマに対して挑戦的な作品を次々と創作。90年代ドラマのひとつの潮流を生みだしていったのだ。

 しかし、00年代以降、一時代を築き上げた大脚本家は、テレビ制作の現場がBPOや視聴者からのクレームを恐れて自主規制を働かせていくことによって、徐々に失速してていく。

 90年代には平均視聴率21・9%を叩き出していた『高校教師』も、10年後に放映されたリメイク版では、10・8%と苦戦を強いられた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』