>   >   > 【RIZAP】株価吊り上げのカラクリ
ニュース
株価にもコミットか!?

「負ののれん代」で肥える快進撃・RIZAP株価吊り上げのカラクリ

+お気に入りに追加

株価にもコミット?

あいかわらず強気のCM攻勢にでているライザップ。だが、一部ではすぐにリバウンドするなどの批判もある。とはいえ、企業としては絶好調の様子だが、その裏では妙な動きが……。


1801_11047610026_5aebc29251_o_300.jpg
ライザップのダイエットに挑戦したものの、すぐにリバウンドする人が続出し、一部で問題に……。

 RIZAPグループ(以下、ライザップ)の快進撃が止まらない。わずか14年前に設立された健康食品の通販会社は、今や21のグループ会社を抱える企業に成長した。有名人を使い、体型が見事に変身するテレビCM【1】を見ない日はないほどだ。

 2017年3月期のグループ総売上高は、952億9900万円と1000億円に迫り、営業利益は102億1200万円、純利益は78億1800万円を誇る。もはや、単なるフィットネス・ジムの域を超えている。だが、ライザップ急成長の裏には、さまざまなうさんくささが付きまとっている。

 もちろん、企業買収が悪いなどというつもりはない。だが、健康食品の通販から始まった同社が、フィットネス・ジムへと移行していった流れは想像に難くないものの、インテリア雑貨や旅行用品、婦人既製服などのアパレル、印刷・出版から、果ては宝飾品の企業まで買収をすると、そこにはどんな企業理念があるのかと疑問を持つのは当然だろう。

MEMO『RIZAP』
腹のたるんだ人物がぐるりと一回転すると、鍛え抜かれたマッチョマンになるCMで話題の企業。リバウンドが深刻という話も。

 同社の瀬戸健社長は、「シナジー効果」を強調するが、ライザップで肥満を解消した女性に対して、「馬里邑」や「アンティローザ」、「夢展望」で婦人服を購入させるわけにはいかないはずだ。

 となれば、これらの無秩序ともいえる企業買収の裏には何があるのか。そのヒントは“負ののれん代”にある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論
    • 【ウェブ編集vs雑誌編集】討論会
    • 【ジャニーズ】動画ビジネスの是非
    • 【元NMB・高野祐衣】が美ボディ披露
    • 動画配信サービスと【JKの本音】
    • 【72歳】のユーチューバーが登場
    • 【Creepy Nuts】がヒップホップ動画を斬る
    • アジア人ラッパーがバズる【88rising】
    • 【88rising】の気鋭アーティスト6選
    • 大手企業が群がる【eスポーツ】
    • 【学者vs業界団体】がガチバトル
    • 検閲とエロの【中国ウェブ文化】
    • 【ライブチャット】が流行る中国
    • スラムと【マフィアとグロ動画】
    • 【Amazon】がテレビ局になる日
    • 【インド市場】で動画配信戦争が勃発
    • 【民泊利権】に群がる宿泊&住宅サイト
    • ネット配信が【AV】に与えた影響
    • 【配信専属AV女優】は何を思う?

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【橋本乃依】芸能界1年生が描く青写真
    • 【想田和弘】「観察映画」に託した未来
    • 【桜井莉菜】35歳現役ギャルモデルの提言
    • 【DJ CHARI&DJ TATSUKI】最先端ヒップホップの形

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』