>   >   > ベッキーが女優転身で、ついにケツ断!? “生尻写真集”プランが浮上中
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

ベッキーが女優転身で、ついにケツ断!? “生尻写真集”プランが浮上中

+お気に入りに追加
1712_becky.jpg
『ベッキーの心のとびら』(幻冬舎)

 タレントのベッキーが12月1日、BSスカパー!の音楽特番『スカパー!音楽祭2018』の会見に出席。久々に公の場での登場となった。

 今年は7月に映画出演、11月には14年ぶりの舞台にも挑戦。そして間髪入れず次の映画出演も決まっているようで、本人もインスタグラムで「年末までオフが1日もない」と明かすなど、復調基調にあるようだ。

 しかし、ゲスの極み乙女。・川谷絵音との不倫発覚以前に主戦場となっていた地上波のバラエティには、いまだ本格復帰とはいかず、女優業へのシフトを余儀なくされているようにも映る。

「事務所の扱いも、かつてとは変わってきているようです。これまでは日本一忙しいタレントだったため、飛行機が止まろうが大雪が降ろうがどこにでも行けるよう四駆の専用車が用意されていました。しかし、騒動以降は仕事がまばらになったことで、電車移動になっているといいます」(芸能関係者)

 そんなベッキーにヌード写真集の出版情報が飛び交っている。出版関係者が明かす。

「版元は、かつてベッキーが書籍を発売したこともある大手出版社だといわれています。ベッキーといえば、昨年に日本経済新聞朝刊に掲載された『宝島社』の30段カラー見開き広告で、髪をショートにした上半身マッパの大胆な背中ヌードを披露して話題を呼びました。現在、版元サイドとどこまで露出するか話し合いが持たれているといい、手ブラや髪で乳首を隠したり、お尻の割れ目までは見せるところまでは折り合いがついているという話も聞こえてきます。しかし、話題にはなるでしょうが、セミヌード程度の露出でお金を払って買う男性ファンがどれだけいるのか、採算が取れるかは正直ビミョーでしょうね」

 ともあれ、かつてならヌード写真集の話など歯牙にもかけなかったはず。こうした話に前向きになっているのも、今後は「女優」として生きていく彼女なりの覚悟の表れかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』