>   >   > サイゾー的ハイロー特集最後の花火『FINAL MISSION』徹底討論対談!
第1特集
琥珀さん、勉強させていただきます!サイゾーpremiumハイロー祭【2】

俺たちもこれが最後の祭りじゃ!! サイゾー的ハイロー特集最後の花火『FINAL MISSION』徹底討論対談!

+お気に入りに追加

※本記事は映画『HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION』のネタバレを含みます。

たくさんの夢をありがとう、HIROさん…

 映画『HiGH&LOW THE MOVIE』に脳を焼かれてから1年数カ月。夏の『END OF SKY』公開時にも開催したハイロー対談@サイゾーが、再び帰ってきた。毎度おなじみ映画ライターの加藤よしきさんとヤンキーマンガとEXILE史学に詳しいライター藤谷千明さんが、『FINAL MISSION』について徹底討論! これが俺たちの最後の祭りじゃ!!(なお、今後新作が公開された場合にはこれが最後とは限らない場合がございます/今回も同席している編集者は重度のLDHオタクです)

生コンはサビ! 音楽組織ならではの大胆な構成

藤谷前回の対談「ごめんなさい」から始まったわけですけど、今回は「ありがとうございます」から始めたい。変に引き伸ばしを図るわけでもなく『HiGH&LOW』は『HiGH&LOW』として畳んでくれた。ドラマ版から脈々と続いていたSWORD地区のカジノ問題に一段落つきました。そしてやっぱり今回も冒頭から度肝を抜いてくる。これぞハイローでした。だって、予告で我々に衝撃を与えた生コン祭りがまさか冒頭に来るとは思わなかった。そして中盤でももう一回同じシーンが流れる。つまり、このシーンが「サビ」なんですよ! 三代目J Soul Brothersでいうところの「Welcome to TOKYO」【1】みたいな頭サビで始まる展開です。

【1】16年11月リリースの、三代目 J Soul Brothers
from EXILE TRIBE通算20枚目のシングル。名曲。
トキオ…トキオ…トキオ…

加藤:確か『新しき世界』も冒頭に生コン(セメント)シーンがありましたね。

藤谷:でもあれは「サビ」ではなくて、死体が浮かび上がってこないように、海に沈めるための処置としてのセメント描写をもって「この韓国ノアールはエグイやり方で死体を隠蔽するヤクザが出てきますよ」という宣言をするイントロでした。『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(以下ザム3)の場合は、これをサビに持ってきた。音楽組織であるLDHならではの大胆な構成なんですよ!

加藤:大胆な構成というか、今回、シリーズの中で一番構成がめちゃくちゃですね。とくに時系列はもう本当にわからない。どのタイミングでコブラが姿を消して、どこで琥珀さんが助けに来て、どこでSWORDの街が空襲受けたかのように停電になったのでしょうか?

編集部:SWORD地区がいつ燃やされてるのかも分からなかったです。善信の「逃げねえよ」の後なのか、彼が「いや、もう始まってるか」って言うからには『HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY』(以下ザム2)のクライマックスの裏で同時進行で起こってることなのか。おそらく映像の順番的には後者ですかね。その間にダンさんたちは山王街で九龍と戦い、尾沢は骨折した。

加藤:コブラたちは「逃げねえよ」って言われた後、ガレージみたいな謎の空間で山王会議をしていました。本来なら多分、あの会議の前にSWORD地区が九龍の襲来によってブチ壊されて、危機に瀕しているはずなんですよ。人が吊るされたりとか、派手にやられちゃってる。だからゲリラ戦で行こう、という順序のはずです。でも、そこが描かれてないから伝わらないんですよ。ほかのチームも同様です。クラブheaven、鬼邪高、達磨の拠点も燃やされて、そこにロッキー、村山、日向は「間に合わなかった」みたいな感じで来てる。それに達磨の拠点では、達磨ベイビーズが倒れていて、あれがまた時系列の謎を加速させてます。

藤谷:ザム2のクライマックス、達磨一家登場シーンで大きく啖呵切ってたのに! なにか事情があって先に帰ったのか……ナ? 村山は鬼邪高が燃やされて膝から崩れ落ちてるけど、黒白堂駅帰りだとしたら、古屋と関ちゃんは一緒にいないし。SWORDのみんなの鬼気迫る勢い、特にコブラの、ドラマ版からすると圧倒的成長を遂げた演技力に圧倒されて一瞬納得しそうになるんですけど、よく考えたら「……アレ?」ってなる部分は今回多かったですね。

加藤:冷静になるとおかしいんです。今に始まったことじゃないけど、ザム3はそういう部分が特に多い気がする。で、山王は「じゃあゲリラ戦だ」って戦うけど九龍の圧倒的暴力に勝てず、進退窮まったコブラがカッとなって、単身でツッコんでボコボコにされて拉致される。そして生コンを飲まされそうになったところに琥珀さんが現れて。

藤谷:琥珀さんたちはその前に広斗をかばって負傷した西郷の隠れ家に行くというくだりがありました。ここはたぶんSWORDの襲撃と同時進行のはず。この時点でかなり複雑なフローが発生している。

加藤:もしかしたら、琥珀さん側の時空とコブラたち側の時空と、時の流れが違うのかもしれない。『インセプション』【2】みたいな感じで、コブラたちが戦ってる時に琥珀さん側はゆっくり時間が流れているのでは。

1712_inception_150.jpg
【2】クリストファー・ノーラン監督による2010年公開の映画。主演はレオナルド・ディカプリオ。世界のケンワタナベも出演。設定が難解すぎて「コマが回る映画」としか説明できないけど傑作。

藤谷:『HiGH&LOW』の世界はお気持ちで相当時間感覚が変わるところはありますよね。

加藤:いろんな意味でいびつな映画だとあらためて思いました。

藤谷:でもそれは、「お気持ち」が溢れた結果なんですよ。

加藤:最初の『HiGH&LOW THE MOVIE』(以下ザム)のときも、すごいお気持ちがあふれてました。ただザムでは一応脚本上の時間の流れをしっかり設定してて、具体的に日にちを上げたりしていた。「2日後、マイティ、ダウト、総勢500人を連れて、琥珀さんがSWORDを潰しに来る」とかセリフで入れて。いや、それも冷静に考えたらおかしい事態なんですけど、とにかく時間の流れを区切って、キャラの動きもそれに合わせて整理していた。

藤谷:今回は作中の出来事の時間経過が、1週間なのか、3日なのか、1晩なのか分からない。今回の場合、熱量が溢れた結果というよりも、あまりにも短期間に2本を撮影したため、単純に構成に未整理なところが出てしまったという考え方もできるのではないか。どのタイミングでSWORDのみんなが「コブラー!」と走っているのか。しかもそこでコブラにたどり着いたのはSWORDのみんなではなく、琥珀さんと九十九さん。コブラの居場所を偶然耳にしたのは九十九さんだから、そうなる理由はわかるんですけど、じゃあSWORDのみんなはどこに向かって走っていたの……? 

編集部:あの5分割シーンは、ロッキーさんなんて「立ち上がるにも限度がある」って言ったばっかりで走ってて、何があってそんな急に復活できたのか、感情の理解が追いつかなかったです。

藤谷:そもそも5人が「コブラ!」と全力疾走しつつも、「助けるのは琥珀さんか〜い、ズコッ」みたいな気持ちもあります。

編集部:しかもその後、ロッキー・村山・日向は無名街のスモーキーの墓に着いているけど、ヤマトとノボルはいない。で、次の日の琥珀さん大号令のシーンで、「コブラ! 九龍潰そうぜ!」って出てくる。

加藤:ヤマトとノボルどこ行ったんだ問題、ありますね。

藤谷:このあたりは最初観たときは頭から「?」がとれませんでしたね。SWORDのみんな→コブラへの感情の受けどころがない。助けられた後にヤマトやノボルの「心配したんだぞ、コブラ」「俺達は仲間だ」みたいな一言でもあれば……。まあそんなベタなセリフ、ハイローで言わないと思いますけど。あんなに必死に走っていたSWORDのみんなに対しての目配せがないのは気になりました。

ハイローのアクションには「情」のバトルと「動」のバトルがある

編集部:対談前半はツッコミどころをいろいろ話していくことになりそうですが、そもそも、話の畳み方としてはどうでしたか?

加藤:散々文句を言いましたが、僕は悪くなかったと思います。見せ方が気になるところはあるにせよ、最終的に拳だけじゃ解決できないから、警察っていうちゃんとした大人の力で解決するのは良いと思います。それと、マスコミが入ってる生放送=ライブの場で訴える『サンクチュアリ』方式は、ある意味、ダンスパフォーマーの人たちの「ライブ」っていうものに対する信頼を感じました。だから落とし方は全然いいんです。あとはそれに至るまでの感情の流れや、エンタテインメントとして、僕が見たかったジェシーVSコブラ完全決着マッチとかをやっていただけたらより楽しめたという印象です。

藤谷:「無名街爆破セレモニー」でリアリティーラインが一気におかしなことになって、うやむやになったところはありますね。あの勢いに押されて、全部OKかなと。

加藤:そうですね、「無名街爆破セレモニー」が強すぎました。最初に名前聞いたときも「何じゃそりゃ」って思ったんですけど、実際劇場に見に行ったら、予想を超えるセレモニー感。スクリーンいっぱいの「RECEPTION OF CASINO」! あの時に「考えたら負けだろうな」とは思いました。

藤谷:あそこで脳が焼き切られますよね。満面の笑みでスイッチが押されて、しかも本当に半分は爆破されてしまう。

加藤:こういうところは最高だなって思いますね。話の締め方も、僕は「俺達の戦いはこれからだ」エンドは好きなので、全然いいです。逆に拳だけじゃ解決できないってことをテーマに掲げた以上はこういうラストしかなかったんじゃないでしょうか。

藤谷:そうですね、拳で解決してないのは誠実ですね。


Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ