>   >   > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第120回/『女神の見えざる手』
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第120回

『女神の見えざる手』――敏腕ロビイストが“ある奇策”で銃社会に宣戦布告

+お気に入りに追加

『女神の見えざる手』

1712_P149_200.jpg

ロビー活動を請け負うコール=クラヴィッツ&Wの花形ロビイスト、エリザベス・スローンは、銃擁護団体から新たな銃規制法案を廃案に持ち込むよう依頼された。だが、これを断ったスローンは、解雇を言い渡されてしまう。そして彼女はある“奇策”に出たが……。
監督:ジョン・マッデン。全国公開中。


 ロビイストという言葉が生まれたのは南北戦争の後、ユリシーズ・S・グラント大統領の時代だと言われている。首都ワシントンのホテルのロビーを行き来する政治家をつかまえて、政策について嘆願する人々だ。

 現在、もっともロビー費用を使う業界は、政府に許認可権を握られている医薬品。そのほか、石油化学、保険、不動産、航空機、音楽などの企業が、毎年数億ドルをロビー活動に投じている。

 ロビイストの仕事は、映画『サンキュー・スモーキング』(05年)に描かれている。主人公はたばこ業界のために、がんの警告表示を強化しようとする政治家とテレビで論戦し、肺がんで死にかけている(タバコ被害を訴える)マルボロマンを買収して黙らせる。ロビイストの活躍にもかかわらず、全米の喫煙率は05年当時の20%から10年間で15%まで減少した。一方、登録された銃の所持者は国民の22%で、喫煙者より多い!

 これはNRA(全米ライフル協会)の力によるところも大きい。19世紀から続く銃所持者の権利団体で、会員数500万人、年に2億5000万ドルもの予算をロビー活動に投じ、銃の所持や販売を規制する法案の数々を潰してきた。

 これに立ち向かうのが、『女神の見えざる手』のミス・スローン(ジェシカ・チャステイン)。保守系の大手ロビー事務所に所属し、連戦連勝の凄腕ロビイストだったスローンはバックグラウンド・チェック法案(銃の購入者の犯罪歴や精神病歴確認の義務付け)を潰すよう依頼される。この法律はブレイディ法とも呼ばれる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』