>   >   > 映像による帝国主義論【1】/【ラテンアメリカ】の闘う革命映画

ラテンアメリカの映画はキューバ革命によって生まれた――ボリビアやチリなど軍事独裁の影響もあって不安定な政治状況が続く国々が歴史的に多い地域だが、かの地の映画監督たちは亡命を繰り返しながら制作し、革命だけでなく、作品も各国に伝播していったという。そんな映画に映し出される闘いとは?

1712_P46_300.jpg
オダギリジョー(41歳)が革命に燃える青年を演じる。
(C)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.

 キューバ革命(1959年)から約半世紀以上の時を経た今年。チェ・ゲバラと共に戦った日系ボリビア人、フレディ・マエムラの生涯を描いた『エルネスト もう一人のゲバラ』が公開された。

 この映画は、もともと医学生としてキューバに留学したマエムラがゲバラに感化されたために、ボリビアでの革命を目指して母国に戻り、戦いに身を投じるという話だが、当時のキューバはボリビアだけではなく、ラテンアメリカ各地の革命を支援していた歴史がある。また、革命だけではなく文化や福祉においても、同国はラテンアメリカを牽引してきたと、スペイン語文学を研究する東京大学・柳原孝敦教授は語る。

「『エルネスト』でも描かれているように、59年に革命を達成したキューバは、ラテンアメリカ各国での医師らを養成する目的で留学生を募ったり、ラテンアメリカ圏内で映像文化を広げていこうと、86年には国際映画テレビ学校がつくられます。この学校には魔術的リアリズムの旗手として、82年にノーベル文学賞を受賞した『百年の孤独』などの著者、ガルシア=マルケスが関わっており、彼が直々に映画の脚本づくりのワークショップを行うなど、通常の映画学校では考えられない豪華さ。スペイン語圏のあちこちから学生が集まりました」

 実は革命をきっかけにして、キューバを中心とした芸術文化が出来上がってきたのがラテンアメリカ。本稿では、そんなラテンアメリカの映画史を「革命」という観点から振り返ってみたい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』