>   >   > スポーツアパレルブームがファッション界に【2】/【ナイキ】の最先端戦略を覗き見!
第1特集
スポーツアパレルブームがファッション界に【2】

アプリを駆使して顧客データを蓄積――顧客リストを作り出すナイキの“最先端”戦略

+お気に入りに追加

ハイファッション・ブランドが機能性を取り入れるため、スポーツアパレルとコラボを加速させている。一方で、ナイキなどはさらにその先を行く開発を進めているようだ……。

1711_Sports_P090-093_colum_250.jpg
“すべてのアプリは、データ収集のためにある”と言っても過言ではない。こうしたデータを販売に活かしながら、さらにAIなど次世代のテクノロジーに活かしていく戦略をとれるのも、また大手ということか。

 コムデギャルソンなど、ハイファッション・ブランドとの相次ぐコラボ商品発表で、ファッション的な側面にも注目が集まるナイキ。そのグローバル規模での経営戦略は、どう変化しつつあるのか。

 前記事「スポーツアパレルブームから読み解く世界の気分――ナイキのリストラは好調の証明!?スポーツブランドがパリコレ占領中」にもある通り、ナイキが発表している公式なリリースには、「ウィメンズ(女性用用品)」と「DTC(消費者直結型もしくは顧客直販)」の強化が謳われているが、その内実について、「走るひと」の上田氏は説明する。

「世界的にも国内的にも、体調管理やライフクオリティーの向上を目指す女性は増えていますし、増えていく傾向にあります。女性市場の拡大には、ここ数年のランニング、ヨガ、フィットネスブームなども一役買っていますが、まだまだ潜在力があると踏んでいるのでしょう」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載