>   >   > スポーツアパレルブームがファッション界に【1】/【スポーツアパレル】がパリコレ占領中
第1特集
スポーツアパレルブームがファッション界に【1】

スポーツアパレルブームから読み解く世界の気分――ナイキのリストラは好調の証明!? スポーツブランドがパリコレ占領中

+お気に入りに追加

このところ、パリコレに出るようなハイファッションのブランドと、ナイキやアディダスなどのスポーツブランドのコラボが続いている。好調なのかと思いきや、ナイキの世界的なリストラが報じられるなど、不安な要素も多いようだ。ハイファッション化するスポーツブランドの狙いとは!?

1711_Sports_P090-093_P1_230.jpg
スカーレット・ヨハンソンも、産後ダイエットにヨガを取り入れた。セレブの間では、スポーツに合わせて、それぞれアパレルを変えているのだとか……。一張羅のTシャツじゃ、だめ?

 仏ブランド「ラコステ(LACOSTE)」が、パリのファッションウィークで2018春夏コレクションを披露したのは、9月27日のことだった。フランスで誕生したラコステは過去14年間、米ニューヨークでコレクションを発表してきたが、来年は創立85周年を迎える記念すべき年となる。そこで、ブランド発祥の地・パリのコレクションに回帰。チュイルリー庭園の屋外ランウェイで、新作を披露した。

 今回、ラコステのコレクションの中心的なテーマとなったのは、ずばり「スポーツ性」だった。コレクションをレポートした海外メディア「fashion.com」は、次のように書いている。

「ラコステはスポーツDNAを滲ませたコレクションを披露した。(中略)クリエイティブ・ディレクターであるフェリペ・オリヴェリア・バプティスタは、ストリートコードとブルジョア・ノームコアコードという、2つの相反する様相を結合。快適ながらシック、また活動的でありながら革新的なデザインで、ラコステだけのムードを紡ぎ出した」

 もともとスポーツウェアブランドとして設立されたラコステが、スポーツ性を前面に打ち出すこと自体は、なんら不思議ではない。ただ過去のコレクションと比べると、その傾倒ぶりは徹底していた。それらデザインはまるで、純粋なスポーツブランドのそれと見間違うほどだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載