>   > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【10】/ボディペインティングが導く愉楽
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【10】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】ボディペインティングが導く愉楽

+お気に入りに追加

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】ボディペインティングが導く愉楽の画像1
Gaku HP〈http://188.jp/gaku〉  Instagram〈@gakuazuma

 今月は、塗料を使って体に絵を描いたり、さまざまな模様を描くアート〈ボディペインティング〉を紹介したい。いつものようにインスタグラムをチェックしていたら、Gakuというボディペインティングをしているアーティストを見つけた。彼のプロフィールを見ると、大阪在住ということがわかって、すぐにコンタクトを取ることにした。いざ会って話してみたら、彼は高校時代にカリフォルニアへ留学し、地元新聞社主催の絵のコンテストなんかで優勝した経歴も持ち合わせていた。そんなバックグラウンドもあってか、言葉の壁の問題もなく、すぐさま意気投合したんだ。

 ある日Gakuに「モデルを連れて行くから現場を見せてくれないか?」と頼んだら、普段は絶対人に見せないらしいが、了承してくれた。すべての作業が終わるまで、約6時間くらいかかったけれど、墨と筆によって素っ裸の体に絵が描きあげられていくさまはセクシーだった。Gakuは、あらゆる日本人女性の体にペイントを施す。きれいでスタイル抜群の女性ばかりなんだろうなと聞くと、「俺はスタイルがいい子よりも、ぽっちゃりした女性のほうがタイプ」と、はにかむ。さらに彼が言うには、ボディペインティングは35歳以下しか描かないらしい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載