>   >   > 腕時計はオトコのロマン……なのか?/【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
第1特集
腕時計はオトコのロマン……なのか?

男のステータスか、バカげた無駄遣いか? 高級機械式腕時計はなぜ高い

+お気に入りに追加

――ここまで衣料を中心としたファッション業界の潮流やビジネス上の“本音”を見てきたが、当企画では、少し目線を変えて“腕時計”に注目してみたい。本誌読者の周囲にも、あるいは読者自身も、高級機械式腕時計を身に着けている人は決して少なくないはずだ。だが、そもそもなぜこんなに高いのか? その価値に迫ってみたい。

1711_udedokei_200.jpg
『100万円超えの高級時計を買う男ってバカなの?』(東京カレンダー)

30~50代のサラリーマンにとって、もっとも力を入れる(≒お金をかける)ファッションのポイントとはなんだろうか? さまざまな意見があるだろうが、流行によってデザインが変わる衣料よりも、流行に左右されない“定番アイテム”とされる腕時計や靴に対する関心が高くなっていることは、ファッション業界の関係者でも意見が一致するところだ。某ファッション誌の編集者は、このように話す。

「ファッション業界におけるアパレルの売り上げは、ここ数年横ばい、あるいは堅調だが、かつては15兆円あったのが9兆円になったと言われています。その中で、いまだ好調なのはファッション雑貨。特に財布、かばん、靴、そして時計にはまだ人々はお金をかけている。中でも『お金をかけたいジャンル』という位置づけが変わっていないのは、やはり時計です」

 若年層がH&Mやフォーエバー21といったファストファッションに流れる中、時計に関しては、モノ・ファッション誌でも特集を組んだ号の売り上げが好調といわれる鉄板企画であり続けているという。だが、ロレックスやパネライ、IWCなど1本60万円、70万円は当たり前、ブレゲやオーディマ・ピゲは300万円、400万円、あるいは1000万円といった値段がつけられていることも多い高級機械式腕時計。言うまでもなく、ジュエリーをあしらった宝飾時計はさらにゼロが増える価格となっている。

 サラリーマンに圧倒的な人気を誇るのはロレックスということだが、なぜある種の男性は高級腕時計にこだわるのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』