>   >   > 腕時計はオトコのロマン……なのか?/【高級機械式腕時計】はなぜ高い?
第1特集
腕時計はオトコのロマン……なのか?

男のステータスか、バカげた無駄遣いか? 高級機械式腕時計はなぜ高い

+お気に入りに追加

――ここまで衣料を中心としたファッション業界の潮流やビジネス上の“本音”を見てきたが、当企画では、少し目線を変えて“腕時計”に注目してみたい。本誌読者の周囲にも、あるいは読者自身も、高級機械式腕時計を身に着けている人は決して少なくないはずだ。だが、そもそもなぜこんなに高いのか? その価値に迫ってみたい。

1711_udedokei_200.jpg
『100万円超えの高級時計を買う男ってバカなの?』(東京カレンダー)

30~50代のサラリーマンにとって、もっとも力を入れる(≒お金をかける)ファッションのポイントとはなんだろうか? さまざまな意見があるだろうが、流行によってデザインが変わる衣料よりも、流行に左右されない“定番アイテム”とされる腕時計や靴に対する関心が高くなっていることは、ファッション業界の関係者でも意見が一致するところだ。某ファッション誌の編集者は、このように話す。

「ファッション業界におけるアパレルの売り上げは、ここ数年横ばい、あるいは堅調だが、かつては15兆円あったのが9兆円になったと言われています。その中で、いまだ好調なのはファッション雑貨。特に財布、かばん、靴、そして時計にはまだ人々はお金をかけている。中でも『お金をかけたいジャンル』という位置づけが変わっていないのは、やはり時計です」

 若年層がH&Mやフォーエバー21といったファストファッションに流れる中、時計に関しては、モノ・ファッション誌でも特集を組んだ号の売り上げが好調といわれる鉄板企画であり続けているという。だが、ロレックスやパネライ、IWCなど1本60万円、70万円は当たり前、ブレゲやオーディマ・ピゲは300万円、400万円、あるいは1000万円といった値段がつけられていることも多い高級機械式腕時計。言うまでもなく、ジュエリーをあしらった宝飾時計はさらにゼロが増える価格となっている。

 サラリーマンに圧倒的な人気を誇るのはロレックスということだが、なぜある種の男性は高級腕時計にこだわるのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

NEWS SOURCE

    • 相次ぐ【ラッパー】薬物逮捕の嘘
    • 【渡辺謙】ハズキルーペCM起用の怪
    • 【RADWIMPS】HINOMARU騒動の裏事情

インタビュー

    • 【小川紗良】是枝監督も注目の現役女子大生
    • 【ましのみ】実力派の不思議ちゃん
    • 【野口健】死による生への執着について

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』